B2Cの概要

読み: びーつーしー

B2Cとは、企業と消費者の間で行われる電子商取引(EC)のこと。Bとは企業を意味するBusinessのことで、CとはConsumerで消費者のこと。また、電子商取引だけに限らず、企業対顧客の取引を広くB2Cと呼ぶこともある。B to Cとも表記する。

オンラインショッピングが典型的なB2Cであり、ストリーミング配信や個人投資家のネットトレーディングなどもB2Cに含まれる。なお、企業同士の取引はB2B、消費者同士の取引はC2C、企業対政府の取引はB2Gと呼ばれる。

2014年03月05日 更新


最近見た用語