クラウドSIMの概要

読み: くらうどしむ 英語名: Cloud SIM technology

クラウドSIMとは、ソフトウェアによって仮想化されたSIMカードのこと。本来はプラスチックのSIMカードに入っている回線契約や通信に必要な固有番号情報などがクラウドサーバー上にあり、必要に応じて端末にSIM情報をダウンロードし、使えるようにする。バーチャルSIM、eSIMとも呼ばれる。
クラウドSIMを利用することによって、国や地域が変わった場合にユーザーはSIM情報を書き換えることができるようになる。また、サービス提供事業者にとっては、回線契約情報などを複数のデバイスで使い回せるメリットがある。
クラウドSIM対応デバイスは、ユーザーが滞在する場所を識別し、クラウドサーバーに位置情報を送信。クラウドサーバーは各地での通信に必要なSIM情報を保有しており、デバイスからのリクエストに応じて加入者情報などをデバイスに送り返す。クラウドSIM対応デバイスは、どの国や地域に行っても、SIMカードを差し替えることなく現地の料金に近い、比較的安価な価格で通信ができる。

2019年03月25日 更新

最近見た用語