ベル研究所の概要

読み: べるけんきゅうじょ 英語名: Bell Telephone Laboratory

ベル研究所とは、アメリカ最大手の電話事業者であるAT&Tの研究部門として1925年に設立された開発機関。
1984年に司法省による独占禁止法訴訟を受けてAT&Tは分割され、ベル研究所はAT&Tの100%子会社となった。1996年の再分割でAT&Tの通信機器部門がルーセントテクノロジーズとして分割された際、ルーセントテクノロジーズの傘下に移された。2006年には親会社のルーセントテクノロジーズがアルカテルとの合併に合意し、アルカテル・ルーセントが親会社となったが、2016年1月にノキアがアルカテル・ルーセントを買収、統合している。
ネットワーク技術の研究開発を数多く行い、UNIXやトランジスタ、電波望遠鏡やトーキーシステムまで、現在でも多大な影響を与える技術を生み出してきた。ベル研究所内での研究により、これまでに7つのノーベル賞を受賞している。

2017年05月11日 更新


関連用語

最近見た用語