伝送速度の概要

読み: でんそうそくど

伝送速度とは、デジタルデータを伝送する速度のことで、bpsという単位を用いて表される。bpsbit per secondの略で、1秒間に何ビットのデータが送られるかを表す単位となっている。数字が大きくなる場合はk(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)などのSI接頭辞を付与して、kbps、Mbps、Gbpsなどと表示する。bps以外にも、「バイト/秒」で表される場合もある。1バイト=8ビットに換算されるので、「バイト/秒」はbpsの8倍の数値になる。

インターネットのブロードバンドと呼ばれるものは厳密に定義されていないが、およそ512kbps以上の伝送速度を持つものであるとされる。ブロードバンドADSL光ファイバーCATV、無線通信などによって実現している。データ通信端末では伝送速度の速さがアピールポイントのひとつとなっており、伝送速度の数字を大きく打ち出している。

なお、伝送と転送は同じ意味だが、日本では伝送といった場合、インターネットやLANなどで用いられ、転送といった場合、パソコンと周辺機器などで用いられる傾向になっている。

2014年03月05日 更新


最近見た用語