地上デジタル放送

地上デジタル放送の概要

読み: ちじょうでじたるほうそう

地上デジタル放送とは、地上波のUHF電波を使用するデジタル放送のこと。地デジと略されることもある。
日本では2003年12月1日より、東京、大阪、名古屋で放送が開始され、2011年7月24日に、東日本大震災の被災地域を除く全都道府県で地上アナログ放送が停波。2012年3月31日には全国で地上アナログ放送が停波し、地上デジタル放送へと完全に移行した。
デジタル化のメリットには、ハイビジョン映像による高画質かつ5.1chサラウンド放送による高音質の放送、テレビ画面への電子番組表の表示、1つの放送局が複数の番組を放送する多チャンネル編成、視聴者が番組に参加できる双方向サービスの提供などがある。
なお、携帯電話向けのワンセグも、地上デジタル放送のサービスの1つである。

2014年10月21日 更新


最近見た用語