帯域幅の概要

読み: たいいきはば 英語名: bandwidth

帯域幅とは、データ伝送に使われる周波数の幅のこと、単位はHz(ヘルツ)である。伝送に使われる最高周波数と最低周波数の差。電波や電気信号を用いたアナログ通信ではこの幅が広いほど単位時間に送られる情報の量は大きくなる。

デジタル回線においてもこの用語は比喩的に利用され、転送可能なビットレートを意味し、このときの単位はビット/秒(bps)となる。帯域幅が狭い(通信速度が遅い)回線をナローバンドと呼び、帯域幅が広い(通信速度が速い)回線をブロードバンドと呼ぶ。

2014年03月05日 更新


最近見た用語