災害用伝言板

災害用伝言板の概要

読み: さいがいようでんごんばん

災害用伝言板とは、大規模な災害時に提供されるWeb上の伝言板である。安否確認のためのメッセージを入力したり閲覧したりできる。
携帯電話各社がそれぞれ災害用伝言板を提供しているほか、NTT東日本・西日本がPC向けの「災害用伝言板(web171)」、Googleが安否確認サービス「Googleパーソンファインダー」を提供している。
2010年3月からは携帯電話各社の災害用伝言板の安否情報を一括で検索可能になった。さらに2012年8月からはNTT東西のweb171を含めて横断的に検索可能な「全社一括検索サービス」の提供が開始され、より利便性が高まった。2016年8月からは、災害用ダイヤル「171」に登録された音声メッセージのweb171における再生なども可能になった。なお、携帯電話各社の災害用伝言板には、Googleパーソンファインダーにアクセスできるリンクが設置されている。
au災害用伝言板は、被災者が被災状況をコメント100字(全角)で残す機能。1電話番号あたり10件のコメントを残せる。また事前に設定した相手(5件まで)に、伝言板にコメントしたことをメールで自動的に知らせる「安否お知らせメール」という機能もある。

2016年03月31日 更新


関連URL

災害用伝言板サービス

http://www.au.kddi.com/mobile/anti-disaster/saigai-dengon/


最近見た用語