H.323の概要

読み: えいちどっとさんにーさん

H.323とは、インターネットなどのIPベースネットワークで、音声や動画などのデータを送受信するための取り決め、仕様のこと。1996年に、ITU-Tによって勧告された。

音声にはG.711やG.723.1、G.729が、ビデオにはH.261、H.263が実装されている。符号化したデータの送受信にはRTPなどのプロトコルが使われる。VoIPテレビ電話のようなリアルタイム性の強い用途が想定されており、対応する機器やソフトウェアも実際に登場している。QoSは保証されていない。

IP電話の場合、端末、ゲートキーパー、ゲートウェイ、MCUなどの機器を利用し、通信を行う。ただし、IP電話プロトコルには、よりシンプルであるという理由から、IETFによって標準化が行われた「SIP」が使われることも多い。機器によってはH.323SIPの両方に対応していることもある。

2014年03月05日 更新


関連用語

最近見た用語