OTTの概要

読み: おーてぃーてぃー 英語名: OTT

OTT(Over The Top)とは、動画・音声などのコンテンツ・サービスを提供する事業者、もしくはそれらコンテンツ・サービスそのもののこと。インターネットサービスプロバイダ(ISP)や通信事業者とは関係のない企業が運営し、特に大量のデータ通信が発生するサービスについてOTTと呼ばれることが多い。
動画配信のYouTube、音声通話やメッセンジャー機能を備えたLINESkypeなどがこれに当てはまり、SNSTwitterFacebookOTTと見なされることがある。
OTTの特徴は、パソコンやスマートフォンなど複数のデバイスで同じ内容にアクセスでき、多くのユーザーが簡単に利用できる点。その分、ISPや通信事業者が独自に提供しているサービス・コンテンツの利用者が減ると考えられている。
対策として、ISP・通信事業者側には魅力的なサービスの拡充が求められるが、最近ではISPや通信事業者の自社ユーザー以外にも動画配信サービスなどをOTT的に提供するといった動きが見られる。

2015年06月21日 更新

最近見た用語