UHFの概要

読み: ゆーえいちえふ 英語名: Ultra High Frequency

UHFとは、周波数300MHz~3GHzで、波長が10~100cmの電波。極超短波と呼ばれる。UHFの特徴はVHFよりも直進性が高く、反射しやすいが、山や建物の陰に回りこみづらいという弱点もある。UHF電波は地上デジタルテレビ放送、携帯電話PHS、空港監視レーダー、電子レンジ、アマチュア無線などの用途に使用されている。
UHFより周波数の低い30MHz~300MHzの電波VHF、Very High Frequency、または超短波と呼ぶ。 VHFは地上アナログテレビ放送で使用されていたほか、アナログFMラジオ放送、マルチメディア放送、防災無線、鉄道無線、航空無線、国際船舶無線、アマチュア無線などに利用されている。
2011年7月24日に地上アナログテレビ放送が終了し、地上デジタルテレビ放送に移行した。地上デジタルテレビ放送にはUHF470~770MHzの帯域が割り当てられ、13~62チャンネルの50チャンネルができている。
なお、VHFアナログテレビ放送に使っていた70MHz帯域は、新たに災害対策用の自営通信システムや移動体向けのマルチメディア放送サービスなどに割り当てられている。

2014年10月28日 更新


最近見た用語