VoIPの概要

読み: ぼいぷ 英語名: Voice over IP

VoIPとは、Voice over Internet Protocolの略で、音声をデジタル化し、TCP/IPネットワークによって送受信する技術のこと。インターネット(IP)電話などに使用されている。
デジタル化した音声信号を、一定時間ごとに区切ってパケット化し、IPネットワーク上で送受信するため、通話料金などのコストを下げることができる。IPネットワーク経由で通話が可能であるため、短距離通話か長距離通話(国際電話)かの違いはコスト面にほぼ影響がなく、通常のアナログ回線を使うよりも大幅に安価に通話できる。
IP通信を利用しているため通話品質は通信環境に左右されるものの、無線通信インフラの整備が進んだことによって通話品質の劣化が目立つシーンは少なくなりつつある。

2019年03月25日 更新


最近見た用語