ポリカーボネート

ポリカーボネートの概要

読み: ぽりかーぼねーと 英語名: polycarbonate

ポリカーボネートとは、プラスティックの一種で、高い強度を有した素材のこと。ポリカーボネート樹脂とも呼ばれる。

耐久性に優れ、軽量なのが特徴。発火もしづらく安全性が高い。また、光の透過率が非常に高くガラスと同レベルだが、強度は150倍から200倍程度あると言われている。着色や変形などの加工がしやすく、軽いため、その性質から、さまざまな工業製品に使用されている。家電製品や玩具、建築物、家庭用品などのほか、医療器具などの原材料となることもある。

ポリカーボネートの生成には、ビスフェノールAやホスゲンなどが使われている。ただし、ビスフェノールAは、内覧分泌かく乱化学物質としての懸念があり、危険性が指摘されている。食品容器などにも利用されていることから、厚生労働省では溶出試験規格を設けるなどの対策を講じている。また、ホスゲンにも毒性があり、旭化成によって代替手段を使ったポリカーボネートの製造技術が開発された。

2014年03月05日 更新

最近見た用語