周波数割当計画

周波数割当計画の概要

読み: しゅうはすうわりあてけいかく

周波数割当計画とは、総務省(総務大臣)によって、作成・公表されている割当可能な周波数の表のこと。

無線通信や放送、レーダーなどで利用できる電波周波数帯域には限りがあるため、さまざまなシステムがそれぞれの特性を損なうことなく、しかも他のシステムと干渉することがないようにするために、どの周波数帯をどのシステムが利用するかを公平に定める必要がある。このようなシステムごとの利用周波数を電波法に基づいて分配し、最終的に割り当てられた周波数帯、もしくは今後割り当てることが可能な周波数帯を示したものが「周波数割当計画」となる。

最新の周波数割当計画については、官報で告示されるとともに、総務省電波利用ホームページ(http://www.tele.soumu.go.jp/)から参照することが可能となっている。

2014年03月05日 更新

最近見た用語