自炊の概要

読み: じすい

自炊とは、紙に印刷された書籍を自ら裁断、スキャンすることで電子書籍化する行為のこと。
電子化した書籍はPDFやJPGEなどの形式に変換した上で、iPadのようなタブレット端末に取り込んで閲覧する。一般的に、自炊という用語は外食などに頼らず自らのために食事を作ることを指すが、特に電子書籍やITの分野では、スラング、隠語としてこのような意味で使われることが多い。
巨大掲示板サイトの「2ちゃんねる」での書き込みが起源とも言われているが、今では一部の家電量販店も「自炊コーナー」を設けるような動きが活発化している。一部のユーザーが積極的に自炊に挑戦することで、裁断機やドキュメントスキャナの売上が上がったという事象も見受けられる。単にスキャンするだけでなく、OCR処理をかけ、キーワード検索ができるようにするといった工夫もユーザーによって模索されている。
なお、この自炊を代行する業者も存在するが、方法によっては著作権を侵害している可能性もあるので注意が必要である。

2014年03月07日 更新


最近見た用語