違法コピーの概要

読み: いほうこぴー

違法コピーとは、著作権などの権利を侵害する形で、インターネットまたは記録メディアなどを通じてデータやソフトウェアをコピーすること。広義では、コピー機を利用したアナログの複製も、違法コピーとなる。
意図的に違法コピーを行いソフトウェアやデータを配布することで他者の利益を侵害すると、刑事事件として立件される可能性があるほか、企業などの著作権者から民事で損害賠償を求められることもある。
2010年1月には著作権法が改正。不正な手段で配信された音楽や映像を、それと知りながらダウンロードすることも違法となり、2012年からは刑罰の対象にもなっている。
違法コピーは主にPCを利用して行われるが、近年は携帯電話でも問題化している。携帯電話の場合、違法コピーは音楽や映像ファイルが中心。PCからアクセスできない掲示板で交換されることもある。

2017年05月11日 更新


最近見た用語