KDDI Wide Area Virtual Switch

KDDI Wide Area Virtual Switchの概要

読み: けいでぃーでぃーあいわいどえりあう゛ぁーちゃるすいっち 英語名: KDDI Wide Area Virtual Switch

KDDI Wide Area Virtual Switchとは、KDDIが法人・ビジネス向けに提供するネットワークシステム構築サービスのこと。システムの統合・集中管理による管理・運用負荷の軽減や、災害対策、事業継続への対応といった、データセントリック(情報資産集中化・データセンター中心)の利用形態に適したネットワークサービスである。
データセンターからアプリケーション、ネットワーク、ユーザーの宅内ルータまで含めたICTサービスをワンストップで提供するためのプラットフォームインフラとして位置づけられている。データセンター向けの通信は、契約項目にかかわらずLANインターフェイスの上限値まで帯域を確保する「トラフィックフリー機能」や、ネットワーク上でルーティングやアクセス制御などの機能を提供する「宅内ルータレス機能」を提供。コストを抑えながら、快適な通信を利用できる。

2016年10月31日 更新


関連URL

KDDI Wide Area Virtual Switch

http://www.kddi.com/business/network/intranet/kddi-wvs/

最近見た用語