1. KDDIホーム
  2. 企業情報
  3. 地域連携の取り組み
  4. 事例紹介: 離島応援「しまものプロジェクト」

事例紹介: 離島応援「しまものプロジェクト」

img_01.jpg

離島地域の活性化を目的とし、KDDIのリソースを活用して、離島産品の販売や、販路拡大・PR向上に向けた離島事業者サポート講座を実施

「しまものプロジェクト」の取り組み概要

  • KDDIでは、2015年より、地方創生の一環として、離島地域の活性化に向けた「しまものプロジェクト」を開始しています。

    「しまものプロジェクト」では、KDDIのショッピングサービスである、au WALLET Marketの特集ページ「しまものマルシェ」を通じて、全国のauショップやwebサイトで離島産品の販売を行っています。

  • また、2016年からは、販路拡大・商品PRの向上を目的とした、離島事業者の育成講座「しまものラボ」を開催しています。
    「しまものラボ」では、auスマートパス「商品モニター」やKDDI社員による試食モニターを活用したマーケティングのほか、専門の講師をお招きして、マーケティング結果に基づいた商品の魅力の伝え方などを学んでいます。

「しまものラボ」に参加頂いた一部事業者様の商品は、au WALLET Market「しまものマルシェ」特集で販売をしています。

新規ウィンドウが開きますau WALLET Market「しまものマルシェ特集」

  • auショップでもご購入いただけます。
  • 外部サイトへ移動します。
▲左から「喜界島の宝石箱 黒糖・黒糖ナッツ詰め合わせ」「活き〆冷凍くるまえび」「喜界島産の白胡麻油」

鹿児島県喜界町担当者さまインタビュー

喜界町の抱える課題とKDDIとの取り組み

鹿児島県喜界町
副町長 嶺 義久さま

隆起サンゴ礁の島「喜界島」は、海中だった頃のミネラル分が土壌に多く残っているため、日本一の白ゴマや黒砂糖、柑橘類など、大変おいしいものができあがります。生産者のモチベーションも高く、こだわり抜いた「いいもの」を多く作っていますが、一方で「売る」ということに関しては情報も少なく不得手です。「しまものラボ」では、生産者による販売基礎の学びや、KDDI社員の皆さんによる試食座談会でのコメントが、より多くの方に喜界島の「いいもの」を伝えるきっかけに繋がっています。

喜界町農産物加工センター
主査 輝 政和さま

喜界島の新たな魅力発信を目的として、喜界島の伝承野菜である「島そら豆」を使った「島そら豆しょうゆ」の開発を行っていたときに、「しまものラボ」の話があり、参加させていただきました。auスマートパス「商品モニター」でのマーケティングや商品の伝え方などで学んだことをきっかけとして、クラウドファンディングなど、販路拡大に向けた取り組みを開始しました。「しまものラボ」では、島ではなかなか知り得ない学びを得ることができ、大変役立っています。

「しまものラボ」参加事業者商品例

  • 活き〆冷凍くるまえび

    最新の冷凍技術を活用することで、活きえびと変わらない鮮度を保つことが可能。

    喜界島の白ごま商品セット

    白ごま生産量、国内1位を誇る喜界島。99%を輸入に頼る日本の、希少な国産胡麻を使用した加工品。
    (ごま、ごまのおから、胡麻菓子)

  • 黒糖・黒糖ナッツセット

    国内初となる黒糖の有機JASを取得した喜界島工房の黒糖を使用。黒糖と黒糖ナッツ5種類 (カシューナッツ、アーモンド、かぼちゃ、くるみ、マカデミア) がある。

担当者からのメッセージ

KDDI株式会社
総務・人事本部 総務部 サステナビリティ推進室
佐賀 真弓

離島地域には、海に囲まれている立地から、また輸送コストや移動の関係から、いいものがあってもなかなか知られにくい状況にあります。
離島地域が抱えるそんな課題を解決するため、NPO法人離島経済新聞社とともに、KDDIのサービスやリソースを活用して、離島応援施策「しまものプロジェクト」を実施しています。今後も各地域の特性に合った形で、地域の活性化に繋がる取り組みを行っていきたいと思っています。

自治体さまプロフィール

  • 自治体名:
    鹿児島県喜界町役場
  • 所在地:
    鹿児島県大島郡喜界町湾1746
  • URL:
    新規ウィンドウが開きますhttp://www.town.kikai.lg.jp/
    • 外部サイトへ移動します。

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る