社長メッセージ

「通信とライフデザインの融合」を実現し、さらなるお客さま体験価値の向上を目指します。

情報通信技術の進展により、通信・インターネットの活用で全ての産業が変革する「デジタル・トランスフォーメーション (デジタルによる変革)」の時代を迎えており、あらゆる産業分野において、その対応力が求められています。

こうした中、KDDIは、現中期目標の事業運営方針に掲げている「お客さま体験価値を提供するビジネスへの変革」を加速しています。通信サービスをセンターに置き、コマース・金融・エネルギー・エンターテインメント・教育などのライフデザインサービスを連携しながら拡充することで、「通信とライフデザインの融合」による新しい価値提案を積極的に進めてまいります。

IoT (Internet of Things)・5G (第5世代移動通信システム) が本格化する時代において、新しい体験価値の創出は重要なテーマです。2020年の5G商用サービス開始を見据え、幅広いパートナー企業との連携による技術検証を加速するほか、2018年夏には、新たなビジネスソリューションを創出するIoT・5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」を開設します。さまざまなパートナー企業との共創によるビジネス開発に加えて、スタートアップ企業の斬新なアイデアや先進的なテクノロジーを取り入れたオープンイノベーションにより、新たな価値創出を実現してまいります。

海外事業では、ミャンマーおよびモンゴルにおける個人のお客さまを中心とした通信事業の成長をさらに加速いたします。世界28地域、62都市、100以上の拠点を通じて提供している法人向けICTビジネスは引き続き事業拡大を続け、「TELEHOUSE」ブランドで提供するデータセンター事業についても、収益力の強化と事業規模の拡大を目指してまいります。

KDDIは、社会課題の解決と持続可能な社会の発展のため「サステナブル経営」に取り組むとともに、「お客さまに一番身近に感じてもらえる会社」「ワクワクを提案し続ける会社」を目指す姿とし、「通信とライフデザインの融合」を通して、豊かなコミュニケーション社会の発展に、なお一層、貢献してまいります。

今後とも、皆さまの変わらぬご支援とご協力をお願い申し上げます。

2018年7月
代表取締役社長 髙橋 誠

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る