コールサイン

コールサインの概要

読み: こーるさいん 英語名: call sign

コールサインとは、無線機で使われている識別番号である。とくにアマチュア無線を楽しむ場合は、無線技士の資格のほかに、無線局の免許を総務省から得る必要がある。この際、無線局の免許に無線局のコールサインが記されている。

電波法では無線通信を行うときは、コールサインを伝えて通信を行わなければならない、とされている。かつては登山を楽しむ人の中には遭難などのアクシデントに備えて、無線機を持っていく人がおり、その際、登山届にコールサインを記載していた。

現在でも行われてはいるが、携帯電話の普及によって登山届には携帯電話の電話番号を記載するのが一般的になっている。ただし、大規模な災害時に携帯電話がつながりにくくなったときは、今でも無線機が活躍している。

2014年03月05日 更新


最近見た用語