KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 ダイヤオフィスシステム株式会社様

ダイヤオフィスシステム株式会社様

ダイヤオフィスシステム株式会社様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/doscorp/index/logo-doscorp.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry07.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee02.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category111.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category112.gif

WiMAX搭載スマートフォン『HTC EVO WiMAX』によりマニュアルやメーカーサイトをいつでも素早く閲覧
保守サービスの迅速化と効率化を実現

オフィスのトータルコーディネートを手掛けるダイヤオフィスシステム様では、コピー機などの保守サービスを行うサービスエンジニアに、WiMAX搭載スマートフォン『HTC EVO WiMAX』を貸与。お客さま先で各種マニュアルやメーカーWEBサイトの閲覧を可能にすることで、迅速な故障原因の特定と交換部品の依頼を実現。お客さまの信頼のさらなる向上につなげている。

PDFダウンロード
下記をクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛てに、ダウンロード用のURLをお送りします。
掲載日:2011年12月

課題1コピー機などの保守サービスを迅速に行うには、サービスエンジニアが各種マニュアルなどをいつでも確認できる仕組みが必要であった。

ご提案・導入効果:マニュアル閲覧システムで解決

保守サービスで取り扱う機器の膨大なサービスマニュアルをPDF化。
保守サービス先での閲覧を可能にすることで、故障原因と交換部品の素早い特定をサポート。

課題2最新の機器情報や事例が掲載されているメーカーWEBサイトを保守サービスで活用するためには、スムーズなWEBアクセス環境が求められていた。

ご提案・導入効果:3つの回線でスムーズにWEBアクセス

『au (3G)』『WiMAX』『Wi-Fi』に対応した『HTC EVO WiMAX』により、現場の電波状況などに応じた最適なWEBアクセス環境を提供。

課題3スマートフォンでさまざまな情報を扱うには、万一に対するセキュリティ対策やアプリの管理、データの更新などの運用面での効率化を図る必要があった。

管理者PCでスマートフォンを一元管理

紛失時のデータ消去や端末ロック、マニュアルデータやアプリの一括配信も管理者のPCから遠隔操作で実現でき、運用負荷を低減。

図: ダイヤオフィスシステム株式会社様のWiMAX搭載スマートフォン『HTC EVO WiMAX』の利用イメージ (2011年11月時点)

  • 注1)
    WiMAXはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であってもお客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合がございます。
  • WiMAXエリアでのご利用時には、月額利用料とパケット通信料が別途かかります。
  • 「HTC EVO WiMAX ISW11HT」は、従来のau携帯電話と対応周波数が異なるため、一部ご利用できないエリアや、一部電波状態が不安定な場合があります。今後順次改善いたしますので、ご了承ください。対応エリアにつきましては、店頭スタッフまたはauホームページにてご確認ください。

事例詳細

第二営業本部 カスタマーサービス営業部 部長 都築 昌宏氏氏

第二営業本部 カスタマーサービス営業部 部長
都築 昌宏氏

第二営業本部 カスタマーサービス営業部 フィールドサポート第二グループ チームリーダー 木下 慶次郎氏

第二営業本部 カスタマーサービス営業部 フィールドサポート第二グループ チームリーダー
木下 慶次郎氏

管理本部 情報システムチーム 係長 矢本 卓司氏

管理本部 情報システムチーム 係長
矢本 卓司氏

『WiMAX搭載スマートフォン『HTC EVO WiMAX』によりマニュアルやメーカーサイトをいつでも素早く閲覧 保守サービスの迅速化と効率化を実現

『保守サービスで取り扱う機器の膨大なサービスマニュアルをPDF化
保守サービス先での閲覧を可能にすることで、故障原因と交換部品の素早い特定をサポート

オフィスのプランニングからネットワークの構築、OA機器などの販売・保守をワンストップで提供するダイヤオフィスシステム様。コピー機などの保守サービスの際に、サービスエンジニア (以下エンジニア) にとって、不可欠な機器マニュアルの共有化を図るため、KDDIのスマートフォン『HTC EVO WiMAX ISW11HT』を導入。
ダイヤオフィスシステム様は、さまざまなメーカーの保守サービスを手掛けているため、すべてのメーカーのマニュアルやパーツカタログをエンジニアが持ち歩くことは不可能であった。そのため、エンジニアは故障原因や交換部品など不明な点があると、社内のベテランスタッフに連絡。ベテランスタッフが必要な部品を判断し手配を行っていた。
「そのスタッフの退社を機に、今後のことも考え、人に頼らず現場で誰もがマニュアルを簡単に閲覧できるシステムが必要と感じ検討を始めました」と都築部長は振り返る。
そしてスマートフォンを使ったマニュアル閲覧システムの構築に着手。保守サービスの対象となる製品のマニュアルやパーツカタログをPDF化し『HTC EVO WiMAX』にダウンロード。エンジニアは、メーカー別などで分類されたファイルをタップすることで必要なマニュアルをいつでも閲覧することが可能となった。「閲覧システムの導入にあたっては、事前にKDDIさんからデモ機をお借りし、見やすさや操作性が良く、現場で充分に使えると判断し『HTC EVO WiMAX』に決めました。また、アプリを使うことでPDFデータを格納するファイルなども自由に設定できることも『HTC EVO WiMAX』を選んだポイントです」と矢本氏は語る。

『au (3G)』『WiMAX』『Wi-Fi』に対応した『HTC EVO WiMAX』により、
現場の電波状況などに応じた最適なWEBアクセス環境を提供

エンジニアにスマートフォンを貸与することで、メーカーのWEBサイトの閲覧も可能になった。ただ、エンジニアの利用頻度を高め作業効率の向上につなげるには、現場により異なる電波状況や、データ容量の重いメーカーサイトに関わらず、スムーズに閲覧できる環境を提供することが重要であった。
通常のau (3G) に加え、WiMAXとWi-Fiの3つの回線に対応した『HTC EVO WiMAX』は、電波状況や閲覧するサイトに応じ、回線を選択することで最適なWEBアクセス環境の提供が可能。「通常は、au (3G) 回線で問題はありません。ただ、実際に容量の重いメーカーサイトや色々と調べる時は、WiMAXに切り替えることで、ストレスなく閲覧ができ、本当に助かっています」と木下氏は語る。
さらに「メーカーサイトにはフラッシュを使っているサイトも多く、フラッシュに対応していることも『HTC EVO WiMAX』を選んだ理由です。テザリング機能についても、現場でのPCを使ったアップロードデータの取得など、今後の展開の幅を広げる機能として期待しています」と矢本氏は語る。

紛失時のデータ消去や端末ロック、マニュアルデータやアプリの一括配信も
管理者のPCから遠隔操作で実現でき、運用負荷を低減

エンジニアのフィールドツールとしてスマートフォンを導入する上で、万一の紛失に対する情報漏えい防止やアプリの管理、データの更新など運用面においてセキュリティ対策や効率化を図る必要があった。
そこで、スマートフォンの管理ツール (注2) を活用することで、本部のPCからエンジニアのスマートフォンの遠隔管理を可能にした。万一の紛失時には、遠隔操作でスマートフォンのデータ消去や端末ロックを行うことで、情報漏えいを防止している。さらにマニュアルデータやアプリの追加や更新も、PCから一括配信をすることで、効率的な運用管理を実現した。
「今回、スマートフォンを導入したことで、情報ツールとしての実力を実感できました。また、エンジニアがいつでも使える情報閲覧システムを構築できたことで、安定した保守サービスが可能となり、BCP (事業継続計画) 対策としても有効でした」と都築部長は振り返る。

  • 注2)
    シーイーシー社のスマホ管理サービス SPPM for Android

次の戦略

検索機能の強化や基幹システムとの連携により
さらなる効率化を図りたい

今回のスマートフォンを使ったマニュアル閲覧システムについて、より使いやすくするため、マニュアルデータの検索機能などの強化を図っていきたいと考えています。
さらに、スマートフォンを使い社内の基幹システムとの連携を図ることで、エンジニアが社外から、スケジューラーの確認や作業報告業務をできるようにしたいと考えています。今後、スマートフォンは保守サービスに不可欠なフィールドツールになると思います。今後もKDDIさんには弊社のニーズにあったさまざまな提案をしていただきたいと思います。

お客さまプロフィール

社名 ダイヤオフィスシステム株式会社
本社所在地 東京都港区北青山1-2-3 青山ビル4F
設立 1974年 (昭和49年) 9月28日
資本金 1億円
社員数 154名 (2011年4月1日現在)
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.doscorp.co.jp/
事業内容 オフィス環境の三大要素であるオフィス空間を形作るファシリティマネジメント、ビジネス文書を効率的に処理するドキュメントソリューション、そして仕事の生産性をさらに向上させるITコンサルティングをワンストップでサポート。オフィスのトータルコーディネーターとして、オフィスに係わるさまざまなサービスを提供し、お客さまが求める快適なオフィスの創出に努めている。

担当からのメッセージ

写真: KDDI株式会社 ソリューション営業本部 第2営業部 1グループ 主任 馬谷 輝彦

KDDI株式会社 ソリューション営業本部 第2営業部 1グループ
主任 馬谷 輝彦
スマートフォンが有する携帯性と機能性という2つの性質を活かして、業務効率の向上に貢献することができたと思います。今後は社内システムとの連携など、スマートフォンのさまざまな活用法を提案し、さらなるニーズにお応えしていきたいと考えています。
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。
導入のサービス・ソリューション
導入事例