KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 グラクソ・スミスクライン株式会社様

グラクソ・スミスクライン株式会社様

グラクソ・スミスクライン株式会社様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/glaxosmithkline/index/logo-glaxosmithkline.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry05.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee04.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category111.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category112.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category115.gif

外出先で電話とメール送受信の頻度が高いスタッフに、スマートフォン『EIS01PT』を導入。ワークスタイル別にモバイル環境の最適化を推進中。

世界的な製薬企業グループの日本法人として、医療と健康に貢献するグラクソ・スミスクライン様。このたび「電話とモバイルデータ通信の環境改善」を目的に、ワークスタイル別にスマートデバイスの最適化を図った。特に、IT本部スタッフにはKDDIスマートフォン『EIS01PT』を導入。課題とされてきた外出先での「PCメール同期」を実現し、業務効率の改善に成功した。

PDFダウンロード

こちらの導入事例はPDFでもご覧になれます。

  • 動画事例(2分12秒)
掲載日:2012年11月

課題1従来の携帯では「PCメール同期」がとれず、外出先でメールの送受信が必要となる場合は、ノートPCを持ち出さなければならなかった。

ご提案・導入効果:スマートフォン『EIS01PT』で解決

『EIS01PT』の導入によりノートPCを持ち出さなくても「PCメール同期」が可能となり、迅速な対応が可能となった。

課題2スマートフォン導入に際しては、「バッテリーの持ち」や「グループウエアとのセキュアかつ簡便な接続」が検証課題であった。

ご提案・導入効果:ビジネス用に最適化された『EIS01PT』で解決

シンプルでバッテリー持ちに定評のある『EIS01PT』を選定。グループウエアクライアントや端末管理ツール、ウィルスソフトとの連携により、スムーズな運用を実現。

課題3外出先での業務には、高速なデータ通信環境が必要であった。またワークスタイル別に外勤時の仕事の仕方が異なるため、スマートデバイスの最適化も求められた。

ご提案・導入効果:『Wi-Fi WALKER DATA08W』で解決

WiMAXと3Gのデュアルネットワークに対応する『DATA08W』をIT本部スタッフと営業全員に、さらに営業にはタブレットも支給。職種ごとに、デバイスの最適化を図った。

図: グラクソ・スミスクライン様のスマートフォン『EIS01PT』を使った業務効率化イメージ

  • 注)
    「Wi-Fi WALKER DATA08W」はパケット通信専用端末です。ご利用には別途プロバイダ契約が必要です。

事例詳細

写真: 高尾 忠彦氏

IT本部 エンドユーザー&インフラストラクチャサービス部 部長
高尾 忠彦氏

写真: 佐々木 貴氏

IT本部 ITインフラストラクチャ部 エンドユーザーサービス課 課長
佐々木 貴氏

外出先で電話とメール送受信の頻度が高いスタッフに、スマートフォン『EIS01PT』を導入。 ワークスタイル別にモバイル環境の最適化を推進中。

KDDIスマートフォン『EIS01PT』の導入により、
外出先での「PCメール同期」を実現。

グラクソ・スミスクライン (以下、GSK) 様は、ICTによる業務効率化を積極的に推進している。今回その一貫として、KDDIスマートフォン『EIS01PT』を導入した。ケータイユーザーからの要望が高かった「PCメール同期」を実現するのがその目的である。
導入の対象となったIT本部スタッフは、音声系を含む情報システムの安定稼働を司る要職。今や情報システムは企業活動の生命線。外出先においても緊急対応を迫られる場合もある。しかし従来のケータイではPCメール同期がとれないため、外出の際にはノートPCを持参せざるを得なかった。
「スマートフォン1本で電話も、メールの送受信もできるので、導入後はノートPCを持ち出すことがほとんど無くなりました。使い勝手も良く、利便性はかなり改善されました」と運用を担う佐々木氏は語る。

ビジネスユースに適した『EIS01PT』を選定。
KDDIとのスクラムにより通信のセキュリティと簡便性を同時に確保。

スマートフォンの導入に際してはいくつかの課題が存在した。まずは、スマートフォンのバッテリーについて。スマートフォンはケータイに比べると、総じてバッテリーの持ちが悪い。そんな中、KDDIスマートフォン『EIS01PT』は機能がシンプルな為、バッテリーが長持ちする。ビジネスシーンで重宝するボイスレコーダーが実装されている点も評価された。
また、グループウエアとのスムーズな連携も重要な検証課題であった。運用しているMicrosoftのクラウドサービスは、契約上セキュリティポリシーが高く、端末側でメール同期をさせると、使用する度にロック解除が必要となり、即応性がなくなってしまう。そこでメールとスケジューラのみ、グループウエアクライアント「Touch Down」を介して、安全かつ簡便に同期を図った。
また端末管理 (MDM) については、世界中のGSKグループが採用している「Air Watch」を使用。「MDMにおいては、より高機能な『KDDI 3LM Security』の提案を受け、その比較検討を行いました。結果的にグループポリシーに沿うことになりましたが、KDDIの技術者との間で、アンドロイドアプリの脆弱性チェックやウイルス対策を含め、様々な協力をいただきました」と、高尾氏は、KDDIのシステム連携の提案力・構築力を評価する。

外勤者にはデータ通信端末『Wi-Fi WALKER DATA08W』を支給。
全営業にタブレットを供給し、ワークスタイルに応じた最適化を実現。

今回のプロジェクトでは、IT本部スタッフのみならず『全営業の電話とモバイルデータ通信の環境改善』をそのテーマとした。IT本部スタッフに対しては、ケータイにかえてスマートフォンを導入する一方、営業職には、GSKグループ全体としてその配備を進めているタブレットを支給。ケータイとの併用により、電話とデータ通信の使い分けを実現した。さらに、IT本部スタッフと全営業にデータ通信端末『Wi-Fi WALKER DATA08W』を支給。その導入台数は、本社スタッフのユーザーを含めると3,500台に上る。高尾氏は本プロジェクトを振り返り、「業界ではデータ通信用にスマートフォン、電話用にケータイ、これにデータ通信カード内蔵型ノートPCを支給しているケースが多いようです。しかしその場合、各々で最適化を図ると、ベンダーやキャリアがバラバラになり、結果的に経費効率が悪くなりがちです。その点当社は、KDDIのワンストップソリューションにより、経費面におけるスケールメリットはもちろん、質的にも大きなサポートを得ることができました」と語る。

次の戦略

当社のビジネス、ワークスタイルに合ったICTのあり方を追求してまいります。

スマートフォンの運用開始後、アプリの新規利用についてのリクエストが寄せられるようになりました。アンドロイドアプリは脆弱性の検証が必要であることから、この種の作業負荷が目下の課題です。ICTは、新しいデバイスの登場や、LTEのサービス開始、BYODの導入など話題に事欠きませんが、その中で当社のビジネス、ユーザーに最も適した環境をしっかりと構築していくことが重要であると考えています。

お客さまプロフィール

社名 グラクソ・スミスクライン株式会社
本社所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-6-15GSKビル
設立 1953年
資本金 20億6,741万円
従業員数 3,700名
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://glaxosmithkline.co.jp/
事業内容 グラクソ・スミスクライン株式会社は、イギリスに本社を置く世界有数の製薬企業グラクソ・スミスクラインの日本法人。多くの人々がより充実して心身ともに健康で長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを使命とし、医療用医薬品、一般医薬品等の研究開発、輸入、製造、販売事業を展開しています。

担当からのメッセージ

写真: KDDI株式会社 ソリューション営業本部 営業2部 営業4グループ篠田 隆文

KDDI株式会社 ソリューション営業本部 営業2部 営業4グループ
篠田 隆文
今回は、IT部門のスタッフの皆様にKDDIのスマートフォンを採用いただきました。今後は、さまざまな職種の方々のワークスタイルに適したモバイルソリューションをご提案することで、より一層の貢献ができればと思っております。
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。