導入事例: 株式会社ジェピコ様

KDDI 法人・ビジネス向けサービスの導入事例です。コスト削減やセキュリティ対策など、ITを活用した業務改善事例を導入後の効果とともにご紹介します。

ext_lib/1/business/case-study/jepico/index/logo-jepico.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry06.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee01.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category111.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category112.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category114.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category115.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category133.gif

スマートフォン『EIS01PT』とAndroid(TM)搭載タブレット 『MOTOROLA XOOM(TM) Wi-Fi TBi11M』(以下、『MOTOROLA XOOM(TM)』) を導入し営業スタッフの提案力、機動力をアップ

電子部品の「輸入商社」として成長し、特に宇宙・防衛分野において優れた実績をもつジェピコ様。このたび、営業スタッフにKDDIスマートフォン『EIS01PT』を導入し、外出先でのグループウエア連携やメールの送受信を可能にした。さらにAndroid(TM)搭載タブレット『MOTOROLA XOOM(TM)』と『KDDI ファイルストレージ』も導入し、展示会におけるプレゼンテーション等で効果的な活用を開始している。

PDFダウンロード
下記をクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛てに、ダウンロード用のURLをお送りします。
  • 動画事例(2分48秒)
掲載日:2012年11月

課題1従来、営業スタッフが使用していた携帯電話では、PCメールの返信ができず、外出時にノートPCを持参するか、会社に戻ってから対応していた。

ご提案・導入効果:スマートフォン『EIS01PT』で解決

営業スタッフにスマートフォン『EIS01PT』を導入。グループウエアとの連携で外出先でのメール送受信をスピーディに行うことができ、業務効率がアップした。

課題2展示会へは、仕入れ先別のグループ単位で出展しているが、多数のカタログが必要になるだけでなく、担当外の仕入れ先製品を即座に説明できなかった。

ご提案・導入効果:タブレットと『ファイルストレージ』で解決

『KDDI ファイルストレージ』内に製品情報、カタログをアップ。タブレット「MOTOROLA XOOM(TM)」を活用し、担当外のメーカー製品も簡便かつ効果的にプレゼンできるようになった。

課題3顧客別に営業する場合、常にすべての製品に精通していなければならず、製品情報や提案資料をすぐに引き出せる仕組みが求められていた。

ご提案・導入効果:ベーシックパックとの相乗効果で効率改善

タブレット『MOTOROLA XOOM(TM)』とベーシックパックの『KDDIファイルストレージ』やグループウエア『KDDI Knowledge Suite』により、試験運用では営業効率が約1.3倍向上した。

図: ジェピコ様の『EIS01PT』『MOTOROLA XOOMTM』を使った業務効率化イメージ

  • 注)
    『KDDI Knowledge Suite』は、グループウエアやSFAの機能をパッケージ化したクラウド型統合アプリケーションです。
  • 画像はすべてイメージです。実際とは異なる場合がございます。

事例詳細

写真: 藤本 孝浩氏

管理本部 IT戦略室 室長 兼 総務部 部長
藤本 孝浩氏

写真: 石田 美春氏

マーケティング推進本部 プロダクトマーケティング部 部長 兼 マーケティンググループ マネージャー
石田 美春氏

写真: 一之宮 理恵氏

管理本部 IT戦略室 チーフシステムアドミニストレータ
一之宮 理恵氏

スマートフォン『EIS01PT』とAndroid(TM) 搭載タブレット『MOTOROLA XOOM(TM) Wi-Fi TBi11M』(以下、『MOTOROLA XOOM(TM)』)を導入し営業スタッフの提案力、機動力をアップ

『KDDIスマートフォン『EIS01PT』と『KDDI 3LM Security』を導入し、
外出先でのセキュアなメール送受信を実現し、顧客対応力をアップ

ジェピコ様では、2012年3月の携帯電話の更新に合わせて、営業スタッフにKDDIスマートフォン『EIS01PT』を導入した。従来、PCメールを会社の携帯電話に転送することは認めていたが、送信ができないため、外出時にはノートPCを持参するケースが多かった。「ノートPCは持ち歩きに不便ですし、立ち上げに時間を要します。また、バッテリーロスに常に気を遣わなくてはなりません。営業スタッフからは、スマートフォンへの切り替えを強く求められていました」と藤本氏は語る。導入に際しては、KDDIの新しいクラウド・アプリ『ベーシックパック』も同時に採用した。ビジネスに役立つアプリケーションが低価格で利用でき、そのなかには『KDDI 3LM Security』も含まれている。「セキュリティ対策を検討していたところ、このツールでデバイス制御やアプリケーションインストールの制御、紛失時の遠隔ロックなど強固な管理体制を構築できることがわかり、導入に至りました」と一之宮氏は語る。
スマートフォンはグループウエアとの連動もスムーズで、営業の現場ですぐに効果をあげはじめた。「PDF等の添付ファイルが閲覧できるようになり、スケジュール確認などができて便利」といった声があがり、業務効率化を実感している。

『KDDI ファイルストレージ』に膨大な製品資料を格納
展示会においてタブレット端末で簡単、スピーディにプレゼンテーション

膨大な数の製品を取り扱うジェピコ様では、仕入れ先メーカー別で製品をしっかり把握しているマーケティング担当と、お客さまごとに継続的な営業を行う顧客担当の2方向から営業を展開している。前者の場合、メーカー別にグループ分けされ、大規模な展示会や客先が開催する展示会等に出展している。しかし展示スペースに限界があるため、すべての製品を展示するわけにはいかず、多数のカタログを用意しなければならなかった。さらに、自分の担当しているメーカー以外の製品について尋ねられるケースもあり、即座に適切なご案内ができないケースもあった。「社内の通信ネットワークの設計をKDDIにお願いしてきた経緯もあり、相談したところ、『ベーシックパック』のサービスのひとつである大容量のストレージ『KDDI ファイルストレージ』を当社のコストに見合った価格で利用できることがわかりました。これにAndroid(TM) 搭載タブレット『MOTOROLA XOOM(TM)』とデータ通信端末を組み合わせれば、展示会会場で簡単かつ有効にプレゼンできます」と藤本氏はその経緯を語る。実際にこれを運用する立場にある石田氏は「当社では『KDDI ファイルストレージ』を500GB利用しています。『MOTOROLA XOOM(TM)』は起動が早く、10.1インチで視野角も広い。大画面でブースに展示している製品のカタログやデータシートを即座に表示できます。また展示物以外の製品情報や、自分の担当以外の製品も同時にお見せでき、商談に有効で、クロスセーリングにもつながっています」とその効果を評価する。

お客さまごとに営業を行う顧客担当にもタブレットを配備し、
試験運用も開始。既に営業効率約1.3倍向上の報告も

タブレットのもうひとつの導入先は大阪営業所の営業スタッフである。前述のマーケティング部と異なり、こちらにはチーム配備ではなく、個人に支給している。顧客を担当する営業スタッフは、客先であらゆる製品ニーズにお応えすることが求められるため、製品情報を効率よく引き出せるしくみづくりは、営業全員の要望でもあった。「『MOTOROLA XOOM(TM)』は画面が大きいので、製品やメーカーの生産現場を写真でお見せできます。『KDDI ファイルストレージ』の使い方によっては、お客さまに対し、共有設定をしたファイルを直接メール等でご案内できます。また、営業担当だけが閲覧できる社内資料用のディレクトリも作れます」と、導入推進を図る石田氏は語る。セキュリティ対策を施したスマートフォンによるグループウエア連携、データ通信端末『Wi-Fi WALKER DATA08W』の支給、さらにタブレット端末とファイルストレージによるモバイルプレゼンテーションの実現により、営業のパフォーマンスは大きく改善している。藤本氏によれば「大阪の営業スタッフからは、軽いし長時間利用できると好評です。空き時間を有効に活用でき『業務効率が約1.3倍に向上した』という報告もあります。さらに『ベーシックパック』のひとつ『KDDI Knowledge Suite』の試験運用を始め、営業管理ツールとして効果を上げているようです。今後の活用度、成果を見守って、将来的なモバイル環境構築の参考にしたい」。同社の先進的な取組みには今後も目が離せない。

次の戦略

BCM対策の強化を図っていきます

これからのテーマは、ディザスタリカバリで、会社全体のネットワークの見直しを始めています。当社のような中小企業はシステムの二重化は難しいので、クラウドサービスを利用しマルチデバイスでアクセスする方向を検討しています。たとえ本社にシステム障害が生じても各拠点のシステムが稼働するBCM対策を強化していきたいと思い、KDDIからの提案に期待しています。

お客さまプロフィール

社名 株式会社ジェピコ
本社所在地 東京都新宿区北新宿2-21-1新宿フロントタワー
創立 1972年11月17日
資本金 2億5,276万円
従業員数 99名(2011年3月末現在)
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.jepico.co.jp/
事業内容 日本のエレクトロニクス産業の発展を電子部品の調達で支えてきました。宇宙開発では国家プロジェクトに長年携わり数々の実績を残しています。今後は欧米の製品をアジアの宇宙分野へ提供していくほか、新しい事業分野の開拓も積極的に取り組んでいきます。

担当からのメッセージ

KDDI株式会社 ソリューション営業本部 ソリューション東京支社 法人営業2部 営業1グループ
飯田 彩子
コストメリットだけでなく、ユーザーの業務効率改善について高い評価をいただいたことが今回の採用に繋がりました。これからもお客さまの課題解決に繋がるご提案ができるよう、努めていきたいと思います。
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。