KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 カトーレック株式会社様

カトーレック株式会社様

カトーレック株式会社様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/index/nologo.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry10.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee04.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category111.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category113.gif

au携帯電話とBREW(R)を活用し、お客様の満足度向上と配送業務の効率化を実現

運送、倉庫、宅配など、物流事業を幅広く手がけるカトーレック様では、BREW(R)搭載のau携帯電話とバーコードリーダーを配送スタッフの端末として活用。簡単&迅速操作でリアルタイムな配送情報の把握が可能になり、荷主様の満足度向上と配送業務の効率化を実現されています。

PDFダウンロード
下記をクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛てに、ダウンロード用のURLをお送りします。
掲載日:2005年09月

システムと特長

  • BREW(R)による簡単な操作と一発起動で、入力時間を最小限に短縮。入力ミスも解消しています。
  • 自動送信機能を活用することで、バーコードリーダーで読み込むだけでデータを送信できます。
  • BREW(R)のカスタマイズ性によって実現した、視認性に優れた画面設計。
  • au携帯電話に搭載された自動時刻補正機能により、常に正確な時間データの送信が可能になっています。

BREW(R)を搭載したau携帯電話の活用によって構築された、
カトーレック株式会社様の荷物追跡システム

図: システムと特長

導入前の課題

荷主様から、配送状況に関するリアルタイム情報の提供を求められていた

カトーレック様における、物流事業における主なお客さま (=荷主様) は、百貨店や通信販売会社です。近年では、配送状況に関するリアルタイム情報の提供を荷主様から求められることが多くなり、これが物流業者選定時の基本条件になりつつあります。カトーレック様では従来から、配送スタッフが専用ハンディーターミナルを使って配送状況の報告を行っていました。しかしこのハンディーターミナルは、固定電話の回線を使った情報送信であったために、全ての配送業務が終了した後でのデータ送信となっていました。つまり荷主様の側では、リアルタイムでの配送状況を把握できていなかったのです。顧客満足度の向上を図るためには、リアルタイムな荷物追跡システムの早急な構築が課題となっていました。

配送スタッフに新たな作業を強いることは避けたかった

全ての配送業務が終了した後に、専用ハンディーターミナルを使って配送状況を報告するというのは、配送スタッフにとってかなりの負担になっていました。お中元などの繁忙期には、1日に一人で約200件もの配送を行っており、また、配送終了後は翌日の準備などもあります。リアルタイムな荷物追跡システムを導入することで、これ以上新たな作業を強いることは避けたいというのが、カトーレック様のご要望でした。また、リアルタイムな配送情報を提供することによるコストアップは、自社努力により吸収しなければならないことから、システム導入コストとランニングコストの抑制も、必須条件でした。

導入効果

荷主様の満足度向上と配送業務の効率化を実現

BREW(R)を搭載したau携帯電話とバーコードリーダーを、配送スタッフの端末として活用。専用ハンディーターミナルに比べて約3分の1の初期投資で、リアルタイムな荷物追跡システムを構築されました。BREW(R)を採用することで、メールなどのデータ送信に比べてパケット料金も低減。ランニングコストを抑制しています。

リアルタイム配信で、荷主様の満足度を向上

「配送終了」「不在」に応じて、携帯電話に接続したバーコードリーダーで伝票を読み込むだけで、リアルタイムの配送情報を配送センターと荷主様に送信。荷主様の満足度向上とともに、センターへの問い合わせ件数が減ったことで人的な負荷も軽減しています。

簡単&迅速操作で、配送業務に支障なし

新システムの導入によって、バーコードリーダーによる入力作業が、配送業務に新たに加わったわけですが、スタッフの業務負担は増えておらず、むしろ効率化しています。バーコード読み込みにかかる時間は、わずか2秒弱。不在時においても、不在ボタンを押してバーコード読み込みを行うだけ。配送業務の妨げにならない操作性を実現しています。配送終了後の伝票整理も不要となり、スタッフの処理業務の軽減と業務の効率化につながっています。

お客さまの評価

「現場作業の効率化だけでなく、コストを抑えながらも
お客さまに役立つ情報提供を実現した、KDDIさんをシステム開発のパートナーに選びました」

今回導入された荷物追跡システムについての評価を、同社 情報システム部 新開 一臣氏に伺いました。
「今回の荷物追跡システムの開発にあたっては、低コストでいかにお客さま満足度を向上するかに留意しました。当初、KDDIさんともう1社で検討を始めたのですが、BREW(R)が決め手となって早い段階でKDDIさんに絞り込みました。BREW(R)はメールやWeb形式に比べて、同じ内容ならパケット量が少なくランニングコストの低減が可能です。また、送信データを"完了""不在"の2点に絞り込むことで、配送中の操作を極力簡略化しています。携帯電話端末も、ボタンが大きく折り畳み式ではないINFOBARを採用することで、操作性に配慮しました。さらに、auの携帯電話なら自動で時刻を補正する機能があり、常に正確な時間データの送信ができることも、選択理由のひとつでした。その結果、予想以上にスムースな導入ができました。また、受信サーバを新たに設けて既存のホストシステムをそのまま活用したことで、初期投資も最小限に抑えることができました。」

お客さまプロフィール

社名 カトーレック株式会社
本社所在地 東京都江東区枝川2-8-7
病床数 1,680名 (2004年4月現在)
事業内容
  • 物流事業 (運送、倉庫、宅配、物流加工)
  • エレクトロニクス事業 (電子機器の製造・加工)
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.katolec.com/
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。
導入のサービス・ソリューション
導入事例