KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 首都圏コンピュータ技術者株式会社様

首都圏コンピュータ技術者株式会社様

首都圏コンピュータ技術者株式会社様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/mcea/index/logo-mcea.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry07.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee02.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category111.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category112.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category151.gif

『HTC EVO WiMAX』のテザリング機能で通信コストを削減『KDDI Wide Area Virtual Switch』との連携で、業務用PCのシンクライアント化を実現

ITエンジニアのエージェント業務を行う首都圏コンピュータ技術者様は、通信コストの削減などを目的としてWiMAX搭載スマートフォン『HTC EVO WiMAX』を導入。『HTC EVO WiMAX』のテザリング機能を活用することで、従来利用していたデータ通信カードが不要になり、コスト削減を実現。また『KDDI Wide Area Virtual Switch (以下KDDI WVS) Virtual データセンター』との連動で、セキュアで効率的なモバイル環境を構築した。

PDFダウンロード

こちらの導入事例はPDFでもご覧になれます。

掲載日:2011年12月

課題1営業社員のモバイル通信環境が、モバイルPCとデータ通信カード、従来の携帯電話の3台体制であったため、通信コストの負担が大きかった。

ご提案・導入効果:通信コストの大幅削減が可能

テザリング機能を備えた『HTC EVO WiMAX』なら、データ通信カードとフィーチャーフォンの2役をこなし、通信コストの削減を実現。

課題2業務効率アップのために、Webアクセスやメール送受信の快適化、『KDDI WVS』へのCPA接続 (Closed Packet Access) の高速化が求められていた。

ご提案・導入効果:快適な通信速度を実現

『HTC EVO WiMAX』ならWiMAX通信 (注1) でスピーディなWebアクセスやメール送受信が可能。
『KDDI WVS』へのCPA接続も従来の3G通信を上回るスピードを実現。

課題3セキュリティの観点からモバイルPCの持ち出しを制限していたため、外出先でも社内と同等の業務を行える手段を模索していた。

ご提案・導入効果:モバイル環境のセキュリティを確保

『KDDI WVS』の仮想デスクトップへの『HTC EVO WiMAX』を用いたセキュアなCPA接続によって、外出先でもモバイルPCのシンクライアント化を実現。

図: 首都圏コンピュータ技術者株式会社様のWiMAX搭載スマートフォン『HTC EVO WiMAX』ご利用イメージ (2011年11月時点)

  • 注1)
    WiMAXご利用時には、月額利用料500円が別途かかります。
  • 注2)
    2015年春より順次下り最大速度13.3Mbpsエリアへ切り替わります。
  • 注3)
    WiMAXの送信最大速度15.4Mbpsは、WiMAX 2+対応エリアおよびその周辺では最大10.2Mbpsとなる場合があります。
  • ベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。通信環境や混雑状況などにより大幅に低下する場合があります。
  • EZwebサイトはご利用いただけません。
  • 『HTC EVO WiMAX ISW11HT』は、従来のau携帯電話と対応周波数が異なるため、一部ご利用できないエリアや、一部電波状態が不安定な場合があります。今後順次改善いたしますので、ご了承ください。対応エリアにつきましては、店頭スタッフまたはauホームページにてご確認ください。

事例詳細

写真: 業務管理部 情報システム課 マネジャー 美濃越 房和氏

業務管理部 情報システム課 マネジャー
美濃越 房和氏

写真: 業務管理部 情報システム課 サブマネジャー 井上 淳氏

業務管理部 情報システム課 サブマネジャー
井上 淳氏

『HTC EVO WiMAX』のテザリング機能で、通信コストを削減 『KDDI Wide Area Virtual Switch』との連携で、業務用PCのシンクライアント化を実現

テザリング機能を備えた『HTC EVO WiMAX』なら、
データ通信カードとフィーチャーフォンの2役をこなし、通信コストの削減が実現

ITエンジニアのエージェントとして、営業支援や事務サポートなどを行う首都圏コンピュータ技術者様は、モバイル通信コストの削減のために、テザリング機能を備えたスマートフォン『HTC EVO WiMAX』を導入。モバイルPCとデータ通信カード、従来の携帯電話の3台体制から、モバイルPCと『HTC EVO WiMAX』の2台体制に置き換えることで、通信コストの削減を実現した。井上氏は「『HTC EVO WiMAX』なら、通常のパケット定額料金に500円/月をプラスするだけでWiMAXを自由に使えます。導入台数が増えれば、このコスト削減効果は非常に大きいものになるでしょう」と語る。また、首都圏コンピュータ技術者様では、『KDDI Wide Area Virtual Switch (以下 KDDI WVS) Virtual データセンター』を導入しており、『HTC EVO WiMAX』なら、テザリング機能によって一度に複数台のPCを『KDDI WVS』の仮想デスクトップへ接続することができる。「当社営業社員が複数で行動する場合などは、外出先でも『HTC EVO WiMAX』が1台あれば、全員のPCを仮想デスクトップに接続し、帰社せずにその場ですぐに打合せができます。これはデータ通信カードでは不可能であり、業務効率化とコスト削減に貢献できる大きなメリットです」と井上氏は指摘する。

『HTC EVO WiMAX』ならWiMAX通信でスピーディなWebアクセスやメール送受信が可能
『KDDI WVS』へのCPA接続も従来の3G通信を上回るスピードを実現

『HTC EVO WiMAX』は下り最大40MbpsのWiMAX通信が利用できるため、スピーディなメールの送受信が可能。さらに、『KDDI WVS』へのCPA接続も、従来の3G通信より高速化するため業務の効率化に貢献することができる。また井上氏は「以前のデータ通信カードの場合、『KDDI WVS』に接続する際に、その都度、接続設定をする必要があり手間と時間がかかっていましたが、『HTC EVO WiMAX』なら、設定操作が簡単で素早く接続することができます」という。また美濃越氏は業務の効率化について、「例えば、外出先でITエンジニアと打合せをしながら、PCを『HTC EVO WiMAX』で仮想デスクトップにアクセスして、業務受託に必要な<技術経歴書>などを作成・更新することもできます。また、取引先で、新規の引き合いがあった場合には、素早くデータにアクセスし、最適なITエンジニアのプロフィールをその場で見ていただくことができるので、ビジネスチャンスを逃さない営業活動が可能になると思います」と期待を寄せる。

『KDDI WVS』の仮想デスクトップへの『HTC EVO WiMAX』を用いた
セキュアなCPA接続によって、外出先でもモバイルPCのシンクライアント化を実現

首都圏コンピュータ技術者様では、『KDDI WVS』の導入により、社員のPCに分散したシステムやデータを仮想デスクトップサーバに集約することで、PCのシンクライアント化を実現。さらに、『KDDI WVS』へのセキュアなCPA接続が可能な『HTC EVO WiMAX』などによって、以前は制限していたPCの持ち出しも可能になり、セキュリティを確保しながら業務効率化を達成することができた。井上氏は「仮想デスクトップを活用することでPCにデータが残らないので万一紛失しても情報漏えいの心配がありません。『HTC EVO WiMAX』を紛失した場合も、IDを無効にすることで、仮想サーバへの不正アクセスを防ぐことができます」と安心感を強調する。また美濃越氏は「BCP (事業継続計画) の面でも、『KDDI WVS』と『HTC EVO WiMAX』の組み合わせは大変有効です。クラウド化したことでシステムやデータを安全に守ることができる上、外出先の社員の安否確認も比較的容易に行えると思います」とその効果を語る。
『KDDI WVS』へセキュアな高速アクセスが可能な『HTC EVO WiMAX』は、首都圏コンピュータ技術者様の事業を効率化する大きな可能性を秘めている。

次の戦略

『KDDI Wide Area Virtual Switch』を基盤にシステム拡充を検討

当社では『KDDI Wide Area Virtual Switch』(以下 KDDI WVS) とVirtual データセンターの活用でシンクライアント環境を実現しています。そのため、今後も『KDDI WVS』を基盤として、業務効率化を実現するシステム拡充を行っていきたいと思います。モバイル環境からのアクセスについては、『HTC EVO WiMAX』を中心に本格活用を検討していますが、今後も、KDDIさんには、新たなサービスや新機能を備えた端末などの提案を期待しています。

お客さまプロフィール

社名 首都圏コンピュータ技術者株式会社
本社所在地 東京都港区高輪2-15-8 グレイスビル泉岳寺前
設立 1989年5月1日
資本金 3億1,295万円
社員数 163人 (2011年8月末現在契約社員含む)
URL 新規ウィンドウが開きますhttps://pe-bank.jp/
事業内容 首都圏コンピュータ技術者協同組合を前身とし、「日本のITエンジニアはもっと幸せになれる!」をスローガンに個人事業主のITエンジニアをサポートする首都圏コンピュータ技術者株式会社。現在では、約2千人のITエンジニアを抱え、営業支援や事務業務の代行、福利厚生など幅広いサービスを提供。ITエンジニアに笑顔と感動を与えられる企業を目指している。

担当からのメッセージ

KDDI株式会社 ソリューション事業本部 ソリューション営業本部 第2営業部 3グループ ビジネスソリューションチーム
高嶋 智範
『HTC EVO WiMAX』と『KDDI Wide Area Virtual Switch Virtual データセンター (仮想デスクトップ)』を組み合わせてご導入いただいたことで、社内のLAN環境をセキュアかつ簡便に社外で利用いただけるようになり、業務遂行のスピードアップに貢献できたと考えています。
  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。