株式会社ナガワ様

株式会社ナガワ様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/nagawa/index/logo-nagawa.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry03.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee02.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category111.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category112.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category114.gif

営業の競争力強化のためスマートフォン『GALAXY SII WiMAX(TM)』とAndroid(TM) 搭載タブレット『MOTOROLA XOOM(TM) Wi-Fi TBi11M』(以下『MOTOROLA XOOM(TM)』) を導入し、スマートデバイスの特長を生かしたプレゼンテーションで差別化に成功

主にユニットハウスやプレハブハウスの製造・販売を全国規模で展開するナガワ様。業界に先駆け、営業シーンにおいてスマートデバイスを有効活用し、競争力強化を図るため、このたびスマートフォン『GALAXY SII WiMAX(TM)』とAndroid(TM)搭載タブレット『MOTOROLA XOOM(TM)』を導入した。そしてスマートフォンサイトの立ち上げやDropbox(TM)を活用したタブレットによるプレゼンテーションなどで「一歩先」の営業活動が注目されている。

PDFダウンロード

こちらの導入事例はPDFでもご覧になれます。

  • 動画事例(2分56秒)
掲載日:2013年01月

課題1営業スタッフは従来のケータイでのPCメールの確認、施工現場の撮影&データ送信などにおいて不便を感じていた。

ご提案・導入効果:スマートフォン『GALAXY SII WiMAX(TM)』で解決

KDDIスマートフォン『GALAXY SII WiMAX(TM)』を導入。メールはもとよりカメラ機能やインターネットの活用なども含めて営業効率を向上させた。

課題2スマートフォン導入にともない、営業シーンでのより効果的な活用方法を検討していた。

ご提案・導入効果:スマホサイトを新設しARアプリを導入

スマホ専用サイトを立ち上げ、ARアプリケーションを活用した「ナガワAR」とカタログとの組み合わせにより、先駆的なプレゼンテーションを実現した。

課題3施工事例紹介や商品紹介では、紙面の大きさやページ数に限界のある紙媒体での表現方法には限界があり、これを改善するプレゼンテーション手段を検討していた。

ご提案・導入効果:タブレット『MOTOROLA XOOM(TM)』で解決

タブレット『MOTOROLA XOOM(TM)』を導入。大型画面を通じてDropbox(TM) 上にアップした商品画像や3D映像 (注1) 等のビジュアルプレゼンテーションを実現した。

図: ナガワ様のスマートフォン『GALAXY SII WiMAX(TM)』『MOTOROLA XOOM(TM)』を使った営業力強化イメージ

  • 注1)
    3D画像の見え方には個人差があります。
  • 画像はすべてイメージです。実際とは異なる場合がございます。

事例詳細

写真: 新村 亮氏

企画室 次長 兼 海外準備室次長
新村 亮氏

写真: 遠藤 秀彦氏

横浜営業所 所長
遠藤 秀彦氏

営業の競争力強化のためスマートフォン『GALAXY SII WiMAX(TM)』とAndroid(TM) 搭載タブレット『MOTOROLA XOOM(TM) Wi-Fi TBi11M』 (以下『MOTOROLA XOOM(TM)』) を導入し、スマートデバイスの特長を生かしたプレゼンテーションで差別化に成功

競合会社に先駆けてスマートフォン『GALAXY SII WiMAX(TM)』を導入、
外出先でのインターネットサイトの閲覧や施工現場の撮影データ転送を実現。

以前よりスマートフォンの有用性を認識していたナガワ様ではケータイから切り替えるタイミングを見計らっていた。2012年5月に、まず経営陣にテスト導入し、インターネット活用の利便性や豊富なアプリケーションをビジネスで使いこなす先駆性を実感し、2カ月後には全営業スタッフへの正式導入を決定した。
「我々の建築業界ではまだケータイが主流で、取引先へ伺った時にスマートフォンを取り出せば話のきっかけになります。時流への早い対応がお客さまにとって好印象になるケースもあります」と新村氏は導入経緯を振り返る。
また営業の最前線に立つ遠藤氏は「PCメールを転送し外出先から確認したり、施工現場で撮影したデータをお客さまへお送りしたり、営業訪問前にインターネットで企業情報を確認したりと、それまではモバイルPCで対応してきたことの多くがスマートフォンひとつで手軽に実現できるようになり、営業効率が上がりました」と語る。

スマートフォン『GALAXY SII WiMAX(TM)』を営業面にも活用するため
スマートフォン専用サイトとARアプリケーション導入で差別化

スマートフォン『GALAXY SII WiMAX(TM)』の導入にともない取り組んだのがスマートフォンサイトの構築である。「当社はホームページ上でオンラインシッョプを展開しています。全体的な売り上げ比率はまだ小さいものの、成長率と利益率は非常に高いことから、外出先でも気軽に閲覧できるスマートフォンサイトを稼働させることでビジネスチャンスを広げようと考えました」と新村氏は、市場拡大を目的にした取り組みを紹介してくれた。
またARアプリケーションを導入し、商品の総合カタログと組み合わせることで商品紹介の新しい手法をいち早く取り入れた。「スマートフォンをお持ちの方が「Google Play(TM)」または「App store(TM)」から「ナガワAR」をダウンロードした後、当社のカタログ内に「ARで動きます」と指定されたエリアにカメラ機能でトラッキングしていただくと映像が始まり、音声で案内します。現状ではプレハブハウスの特長や施工事例などをご覧いただけます。実際、営業先でARアプリケーションを使用するとお客さまはとても驚かれ、感心されます。商品そして当社への印象度がとても高くなりますね」と遠藤氏はすでに効果を実感している。営業支援の頼もしいツールとして機能しているARアプリケーションの実装データは、今後順次増えていく予定だ。

タブレット『MOTOROLA XOOM(TM)』の導入により、ペーパーレス化と
営業先での施工事例や商品写真の効果的なプレゼンテーションを実現。

スマートフォンのテスト導入の期間、同時に検討されていたのがタブレットだった。「当社は商品バリエーションが豊富でカタログを何冊も持ち歩くこともあり、以前より営業先でカタログではなくモバイル端末でプレゼンテーションしたいという声が現場から上がっていました」と語るのは遠藤氏。ペーパーレス化を推進し、外勤時の物的な負担を軽減する営業支援策の一貫として、タブレットの導入も同時に決定した。採用されたタブレットは、画面が大きく処理速度も速いビジネスユースに適した『MOTOROLA XOOM(TM)』。スマートフォンのテザリング機能を利用すればデータ通信が可能になる。
課題はコンテンツの配信方法だ。一口にプレハブハウス、ユニットハウスといっても、用途、仕様は様々で、ナガワ様ではお客さまのニーズに応じ、豊富な商品群からベースとなるタイプをもとにオリジナルで設計、製造するケースがほとんどである。商品の更新頻度も比較的高い。そこで営業本部で商品写真を仕様ごとにファイル分けをし、受注案件については完成予定の3D映像 (注2) なども加えてDropbox(TM) に格納する方法を選んだ。
「我々は営業先でDropbox(TM) から必要な商品写真を取り出し、『MOTOROLA XOOM(TM)』の大画面で見せられます。特にお客さまが気になる部分を拡大するご要望にもピンチアウトで瞬時にお応えでき、商談もスムーズに進みます。また図面の替わりに3D映像をお見せした方が確認が早くなるメリットもあります」という遠藤氏の言葉を引き継いで、最後に新村氏が「まだ導入したばかりで、本格的な成果はこれから見えてくると思いますが、スマートデバイスを、業界他社に先駆けた営業ツール、特にプレゼンテーションツールとして活用していくうえで、これからがとても楽しみです」と締めくくった。

  • 注2)
    3D画像の見え方には個人差があります。

次の戦略

スマートデバイスを最大限活用した通信環境整備を

次のテーマは導入したスマートデバイスとグループウエアとの同期をはかり、営業スタッフの外出先での業務効率化をいちだんと進めていくことです。また『KDDI 光ダイレクト』と『KDDI ビジネスコールダイレクト』を導入し、IP直収電話や全国の拠点間、スマートデバイスとの内線網の構築により通信費のコストダウンも図る予定です。今後も通信環境の整備にKDDIのサポートを期待しています。

お客さまプロフィール

社名 株式会社 ナガワ
本社所在地 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-10-17
設立 昭和41年7月
資本金 28億5,500万円
従業員数 385名
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.nagawa.co.jp/group/
事業内容 1966年、石油スタンドからはじまった「ナガワ」。今ではシステム建築・プレハブ、そしてユニットハウスから各種建築機械や備品のレンタル、設備工事に至るまで、豊富な商品ラインナップときめ細やかなサービスを展開しています。お客さまの数だけ豊かな生活があり、お客さまの数だけ私たちの叶えたい夢があるから。これからも、皆さまのご期待に応えるため、「ナガワ」は進化し続けます。

担当からのメッセージ

KDDI株式会社 ソリューション営業本部 ソリューション北関東支社 法人営業2部
田島 遥菜
業界で、埼玉県内で、先駆けてスマートデバイスを導入されたナガワ様。ARカタログや動画資料の導入等、営業活動を革新する好事例であると思います。本事例をもとに、埼玉のお客さまに提案を広げていきたいと思います。
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。