KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 株式会社リロ・ホールディング様

株式会社リロ・ホールディング様

株式会社リロ・ホールディング様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/index/nologo.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry07.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee01.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category141.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category151.gif

従来の通信コストを削減できた上に10倍以上の帯域を実現

グループ全社の情報統合を目的にデータセンターへのサーバー統合を進めてきたリロ・ホールディング様は、2005年に『KDDI Powered Ethernet』をベースに総合的な通信基盤の確立に成功した。さらに外部拠点からのセキュアなリモートアクセスも可能となり、KDDIのトータルなソリューションが、ビジネスの成長に不可欠なリロ・グループのネットワーク基盤を支えている。

PDFダウンロード

こちらの導入事例はPDFでもご覧になれます。

掲載日:2006年01月

効果1グループ全社の情報統合を支える通信インフラ

グループ全体の情報統合を支える通信インフラを構築

「弊社ではグループ全体のセキュリティ対策や今後の情報システムのあり方を考え、2004年からデータセンターへのサーバ統合を推進してきました。ところが、そこでまず問題になったのが、グループ各社からのアクセスに対するレスポンスの悪さでした。旧来のアクセス環境では、1メガの文書ファイルを開くまでに40秒以上もかかる遅延が発生していたのです」(株式会社リロ・ホールディング ITソリューション室 ITソリューショングループ グループマネージャー 久保 朋史氏)
グループ内の情報統合を目的に、各所に分散していたサーバを統合したことによって発生したボトルネックを解決するため、リロ・ホールディング様はグループ全体のネットワーク環境の刷新を決断した。
「回線の選択にあたっては、ITベンダーやキャリアを含めた数社に提案をお願いしました。その結果、我々が求めた信頼性と速度、さらにコストパフォーマンスの面まで、すべてをクリアしていたのが『KDDI Powered Ethernet』でした。もちろん、我々のビジネスが求める多拠点化に対応できるサービスの柔軟性も高く評価しました」(久保氏)
2005年度の計画では通信コストの現状維持は必須条件であったが、リロ・ホールディング様では『KDDI Powered Ethernet』の導入によって、従来の通信コストを削減できた上に10倍以上の帯域を実現するという、理想的な通信インフラの整備に成功した。

写真: 久保 朋史氏

株式会社リロ・ホールディング
ITソリューション室
ITソリューショングループ
グループマネージャー
久保 朋史氏

図: 新ネットワーク (2005年10月)

効果2『KDDI インターネット』のワンストップソリューション

『KDDI インターネット』をベースにしたワンストップソリューション

『KDDI Powered Ethernet』の導入決定と並行して、リロ・ホールディング様ではそれまで利用していたインターネット関連サービスの入れ替えも課題となった。
「3年前にPCが1人1台の利用環境になってから、特にファイルサーバとメールサーバは必須のインフラです。しかし、少ない人数でグループ全体のインフラを運用管理するITソリューション室では、専任の管理者を配置するわけにもいきません。そこで注目したのが、オプションサービスを組み合わせてワンストップなソリューションとして活用できる『KDDI インターネット』でした」(株式会社リロ・ホールディング ITソリューション室 室長 山田和雄氏)
リロ・ホールディング様は『KDDI Powered Ethernet』に先行して、KDDI ホスティングサービスを導入して、まずビジネスの継続体制を確保した。
「新しいメールサーバでは、受信トレイの容量が2倍になり、アカウントごとの契約によって運用コストも低減しました。そのうえ高速で信頼性の高い『KDDI インターネット』によって、社内ユーザーに対するサービスレベルを大幅に向上できたと自負しています」(山田氏)
リロ・ホールディング様では現在、『KDDI インターネット』をベースに少ない管理負担で外部との快適なアクセス環境を実現している。

写真: 山田 和雄氏

株式会社リロ・ホールディング
ITソリューション室
室長
山田 和雄氏

効果3リモートアクセスも可能な総合的な通信基盤を確立

リモートアクセスも可能な総合的な通信基盤を確立

国内の4つの大きな拠点やグループ会社、事業所、施設以外にも、出向機関などグループ外拠点を持つリロ・ホールディング様では、こうした拠点からの安全で信頼性の高いリモートアクセス環境も整備している。
「KDDIからのご提案によって、ファイアウォールで接続を許可する方法で、出向先からでもグループウエアに高速アクセスが可能となり、業務データを共有できるようになりました」(久保氏)
リモートアクセス環境の実現により、『KDDI インターネット』を経由して快適なアクセス環境をユーザーに提供している。
「『KDDI Powered Ethernet』『KDDI インターネット』のネットワーク環境に加えて、外部拠点からのリモートアクセスが可能になったことで、弊社のビジネスを継続的に支える総合的な通信基盤が出来上がりました。今後は、ビジネスの継続性を確実にするという観点からも、KDDIのサービスを利用して、回線の帯域増強や冗長化にも取り組んでいく考えです」(山田氏)

お客さまプロフィール

社名 株式会社リロ・ホールディング
本社所在地 東京都新宿区新宿4-3-23
事業内容 転勤に伴う留守宅の管理代行サービス (リロケーションサービス) や企業の福利厚生代行などを手掛ける生活総合支援サービスのパイオニア。1984年にリロケーションサービスを開始以降、「世の中になかった先駆的な事業で、人のため、企業のために役立ちたい」という企業マインドのもと、それまで日本にはなかった斬新なサービスを次々と市場に投入している。1993年には福利厚生の会員制クラブ組織の運営を開始し、「リロケーションサービス事業」「福利厚生アウトソーシング事業」「CRMアウトソーシング事業」「余暇創造事業」をコア事業として、レジャーサービス、介護・育児サービス、人材研修、財産形成など幅広いメニューのサービスを提供している。
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.relo.jp/
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。
同じサービスの事例
同じ業種の事例
導入のサービス・ソリューション
導入事例