KDDI クラウドプラットフォームサービス: ファイルサーバー

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI クラウドプラットフォームサービス (略称: KCPS): ファイルサーバー」(IaaS・PaaS・DaaS) のご案内です。

お知らせ
【2017年3月更新】 サービスの一部 新規お申し込み受け付けおよび提供終了について

「KDDI クラウドプラットフォームサービス」の『mBaaS by Kii』と、パートナーサービスの『Makerel』は、新規お申し込み受け付けおよび提供を終了します。詳しくは以下をご参照ください。

サービスの一部 終了情報

ファイルサーバー

KDDIが「KCPS」上にファイルサーバーを構築しご提供します。ファイルサーバーに必要なアプリケーションも標準提供し、ストレージ容量/サーバーの追加は「KCPS」のAdmin Console (お客さまポータル) からオンラインで手軽にお申し込みいただけます。グラフを使ったリアルタイムなご利用状況の確認や、高負荷状態などの異常をメールで即時にお知らせする通知機能と、再起動ツール・正常性確認ツールで簡単に復旧/確認が可能となり、安心してご利用いただけます。また、ストレージ機器は、オールフラッシュアレイ (SSD) (注) を採用し、高速な読み書きを実現します。

  • 注)
    複数のSSD (ソリッド・ステート・ドライブ=フラッシュメモリーを使用した記憶装置) を連結した、大規模な記憶装置。

機能へ戻る

サーバースペックと提供機能

機能一覧
サーバースペック OS Windows Server (R) 2012 R2
CPU 4vCPU
メモリー 16GB
ファイルサーバー付属ストレージ OS領域: 100GB
VSSデータ保存領域: 最大800GB (追加ディスク1TBごとに100GBを付与)
提供機能 Windows (R) OSで提供可能なファイルサーバーとしての機能 ファイル共有/ボリューム シャドー コピー サービス (VSS)/ファイル サーバー リソース マネージャー (FSRM)
ウイルスチェック ファイルサーバーに保存されたファイルがウイルス感染した場合、パターンファイルの情報に沿って駆除・隔離を行う。
アクセス操作ログ ファイルサーバーに保存されたファイルを開く閉じる移動するといった操作を誰がいつ行なったか、ログとして出力する。
リソース利用情報ログ CPUやメモリーといったサーバーリソースの使用状況をログとして出力する。
リアルタイムグラフ表示 CPUやメモリーといったサーバーリソースの使用状況をグラフ化しインターネット上で確認できる。
正常性確認ツール ファイルサーバーとして動作するのに必要な機能が正常に動いているのか確認し、結果を出力する。再起動後などに正常に立ち上がったかを確認する際に利用する。

機能へ戻る

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

サービス専門スタッフより翌営業日以内にご連絡させていただきます。

サービスのパンフレットをダウンロードいただけます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。


サポート情報

導入事例 一覧 導入事例トップ

KDDIのタブレットやネットワークを活用し、安全性と業務効率を両立。

コスト削減、高い堅牢性と最新のセキュリティ、高速レスポンスを実現。

知らぬ間に発生する発電異常や電気設備の故障を、『ソーラー監視王』によるアラートメール即時配信で、復旧時間を短縮化し、損失を最小化へ。


ビジネス課題を解決するIT活用事例とその効果