KDDI ホスティングサービス (プラン20/50/100): メール機能詳細

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI ホスティングサービス (プラン20/50/100): メール機能詳細」(レンタルサーバ・ホスティングサービス) のご案内です。

新規お申し込み受け付け終了のお知らせ

「KDDI ホスティングサービス (プラン20/50/100)」は、2016年2月29日をもって新規お申し込み受け付けを終了しました。なお、現在ご利用中のお客さまは、サービス終了までひきつづきご利用いただけます。

また、ホスティングサービスをご検討のお客さまには、KDDIグループのホスティングサービス「ACE01」をご提案します。詳しくは、以下の『共用レンタルサーバー』をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます共有レンタルサーバー

  • 外部サイトへ移動します。

メール機能詳細

  • メールアドレス数は、プラン20-20個、プラン50-50個、プラン100-100個です。
  • 外部のメールサーバとの併用はできません。
  • 1通のメールの容量は50MBまでです。

以下の管理者向け機能をご用意しております。

  • 管理者用アドレスを2つご提供します (postmaster@お客さまドメイン、webmaster@お客さまドメイン)。
  • メールアカウントは、個々に作成・削除する方法と、CSVファイルをサポートWebへアップロードして一括設定・削除する方法があります。

Webメール――専用URLにログインするだけ

  • 標準機能
  • いつでもどこからでもメールをチェック――外出先や移動中でも、インターネットに接続可能なPCや携帯電話さえあればメールの送受信、アドレス帳の確認ができます。
  • 携帯電話の設定は不要――専用のURLにアクセスしてログインするだけでお使いいただけます。PC、各社携帯端末に専用アドレスがあります。

    携帯電話用Webメール URL
    EZWeb https://webmail.hs.kddi.ne.jp/ez/
    i-mode https://webmail.hs.kddi.ne.jp/i/
    Yahoo! ケータイ https://webmail.hs.kddi.ne.jp/y/
    • URL変更のご案内
      Yahoo!ケータイをご利用のお客さまはURLが変更になりました。お気に入りに登録していただいている方は変更をお願い致します。
    • 返信時のご注意事項
      返信時に本文を引用した際、文章が途中で削除されるなど、ご使用の携帯電話の機種によっては動作が正常でない場合があります。
    • 一部機種の対応について
      SSL証明書の関係で、一部機種の携帯電話にてWebメールがご利用いただけない場合があります。あらかじめご了承ください。
  • ウイルスチェックも可能――別途メールウイルスチェックオプションにお申し込みいただいた場合は、送受信する際にウイルスのチェックも行います。

迷惑メールフィルタ

  • 標準機能
  • 無料でご利用
    どのプランでも無料でご利用いただけます。
  • 判定データベースは常に最新
    常に最新の判定データベースを用いて、迷惑メールかどうかを判定します。
    判定データベースのほかに受信OK、受信NGのリストをお客さま個別に作成できます。
  • 判定後の処理
    迷惑メールと判定された場合、件名に [meiwaku***] などと付与致します。
    件名に付与される文字列は、[meiwaku*]、[meiwaku**]、[meiwaku***] の3パターンがあり、迷惑メールの疑いが高いメールほど [*] の数が増えます。
    迷惑メールなどと判定されると、専用の隔離BOXへ格納され、お客さまへは通常のメールしか届きません。

図: 迷惑メールフィルタ

転送先設定――ユーザが設定可能

  • 標準機能

各ユーザが転送先を設定 (3カ所まで、転送元に残す/残さない) できます。

図: 転送先設定

自動返信――あらかじめ本文を設定できる

  • 標準機能

自動返信の設定 (返信しない/毎回返信) が可能。特定のアドレスに送信されたメールについて、あらかじめ設定した本文で自動的に返信できます。

本サービスへのお問い合わせ

何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


  • 新規ウィンドウが開きますお問い合わせ

    お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。



サポート情報
導入事例 一覧 導入事例トップ

「KDDI Knowledge Suite」と「Office 365 with KDDI」により社内のスケジュール管理・情報共有が進み、事業継続性の担保と業務効率化を実現。