KDDI 電話会議サービス: PC連携機能

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI 電話会議サービス: PC連携機能」(クラウドサービス) のご案内です。

PC連携機能

WebExを利用することで、アプリケーションやデスクトップの共有が可能となり、会議をより効果的に行うことができます。
電話会議と組み合わせて利用することで、あらゆるビジネスの効率化を実現します。

図: PC連携機能

図: PC連携機能

  • プレゼンテーション、アプリケーション共有
    MS-Word、Excel、PowerPoint、PDFなどのファイルを共有することができます。
  • アプリケーション共有
    PCにインストールされているアプリケーションを共有することができます。
  • デスクトップ共有
    PCのデスクトップを会議出席者で共有することができます。
  • ホワイトボード
    ポインタを使って自由にペイントしたり、テキストで書き込むことができます。
  • テキストチャット
    チャットメッセージをテキストで参加者に送信することができます。
  • その他機能
    • リモートコントロール
    • ファイル転送
    • Webブラウザ、コンテンツ共有
  • 対応機種、システム要件 (注1)
    OS Microsoft Windows、Macintosh、Linux、Solaris
    そのほか インターネット接続環境 (ブロードバンド推奨)
    専用ソフト (Meeting Center) のインストール (注2) が必要となります。
  • 注1)
    市販のPCであれば、ほぼすべての機種でご利用いただけます。
  • 注2)
    初回起動時、Active-Xコントロールのインストールが行われます。

サービス利用手順

  1. Step1 主催者がミーティングを予約・開始する
    • 専用URLにアクセスし、アカウントを使ってログインします。
    • ミーティングのスケジューリングを行います。
    • 出席者を招待します (招待画面からメールアドレスを入力)。
      招待された出席者には招待メールが届きます。招待メールにはURLやパスワードが記入されています。
  2. Step2 出席者がミーティングに参加する
    • 招待メールに掲載されているURLをアクセスし、氏名・メールアドレス・パスワードを入力してログインします。
    • 出席者全員がログインすれば、会議開始です!
移動や出張にかかる 時間と費用を大幅に削減

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


サポート情報
導入事例 一覧 導入事例トップ

『KDDI 電話会議サービス』と『KDDI ビジネスコールダイレクト』で効果的な社内コミュニケーションを低コストで実現