KDDIホーム 法人のお客さま おすすめコラム 残業が多い建設業、スマートフォンでなぜ時間外業務を減らせた?

残業が多い建設業、スマートフォンでなぜ時間外業務を減らせた?

<シリーズ: 事例で見るスマートフォンで生産性向上 (その1)>
本シリーズでは、中小企業が『スマートフォン』を活用することで生産性を向上させた事例について取り上げます。

残業や休日出勤といった時間外労働を減らして、働きやすい環境づくりに取り組んでいる建設業A社。『スマートフォン』をどのように活用し、職場改善に取り組んでいるのでしょうか。

人材確保できる環境作りと生産性向上が大きな課題の建設業

震災復興の需要や東京オリンピック開催に伴うインフラ整備などによる建設ラッシュを受けて、建設業界では人手不足が深刻な課題となっています。そのため建設業A社にとっても、人材確保は最重要テーマ。時間外労働などを減らして働きやすい環境を作り、なんとか離職を食い止めようとしていました。

また、A社にとっては女性の活用も今後取り組んでいきたい課題の1つ。例えば家庭の都合で定時退社しなければならないような女性社員などにとっても働きやすい環境を提供していきたいと考えていました。そのため、残業を抑制する仕組みやITを活用した柔軟な働き方の提供が必要と考えました。

しかし、現実には下記のような課題に直面していました。

  • ●課題1 時間外勤務や残業が多い
  • ●課題2 本社での会議が頻繁にあり、社外にいる社員は移動に時間を取られている
  • ●課題3 類似した帳票が多く、二重入力など無駄な作業が発生している

そこでA社は無駄な資料や会議を減らすといった取り組みのほか、現場や自宅などからでも仕事ができるような環境作りのため、『スマートフォン』の導入を決断しました。

該当項目へジャンプします全21業種! スマートフォン活用事例をお役立ち資料でチェック!

スマートフォン採用で生産性向上と人材確保の課題解決へ

●解決1 時間外勤務、残業削減への対応

A社ではまず、残業発生の主たる要因となっていた報告書作成業務を、『スマートフォン』でも行えるようにしました。これまで現場の作業員たちは、一日の作業終了後、詰め所に戻り残業をして報告書を作成していましたが、『スマートフォン』導入後は、アプリケーションを使って現場でも報告書をすぐに作成できるようになり、報告書作成のための残業が削減できました。

●解決2 ビデオ会議や音声会議の活用

会議についても、『スマートフォン』を活用し、ビデオ会議での参加や、情報共有のみ必要な会議であれば音声を"聞くのみの参加"など柔軟な参加を認めるようにしたため、毎回本社の会議室に集合する必要がなくなりました。また、議事録も『スマートフォン』でいつでも閲覧できるようになり、情報共有が促進しました。

●解決3 帳票入力の簡略化へ

帳票への入力環境についても整備したA社。同じような内容を複数の帳票に入力しなければならなかったのを、1つ入力すればほかの帳票にも反映される仕組みを整えました。入力は『スマートフォン』からでも行えるので、現場ではもちろん、移動中など隙間時間にも対応できるようになりました。

* * *

このように、残業や時間外労働を削減し、効率的に業務を行える仕組みを作ったA社。これまで長時間かかっていた業務や、無駄が多いと感じていたような業務を効率化できたことは従業員にとても好評で、既存の従業員の離職率の低下にも効果があると考えています。

また、『女性が働きやすい環境を整えている』点を対外的にアピールできるようになったことも、「求人など人材確保を考える上で効果的だった」と考えているようです。

関連サービス・ソリューション

無料 あの企業は、こんなアプリや機能を使っている! スマートフォン活用事例集 全21業種! お役立ち資料ダウンロード