KDDIホーム 法人のお客さま 業務改善のヒント満載 お役立ちコラム 事例で学ぶ「LINE WORKS with KDDI」のビジネス活用 その1 複数の店舗やスタッフを管理する職場編

事例で学ぶ「LINE WORKS with KDDI」のビジネス活用 その1 複数の店舗やスタッフを管理する職場編

使える! ビジネスコミュニケーションツール『LINE WORKS with KDDI』 第3回 事例で学ぶ 「LINE WORKS with KDDI」のビジネス活用 I

ビジネスシーンにおけるコミュニケーションを活性化するためのツールとして「LINE WORKS with KDDI」をご紹介している本シリーズ。今回は、「LINE WORKS with KDDI」が活用されている事例として、主に小売業やサービス業などで、複数の店舗展開をしていたり、パートやアルバイトが多い企業での活用事例をご紹介します。

複数の店舗やさまざまな雇用形態のスタッフを管理する企業が抱える問題とは?

各地に店舗展開している小売業や、社員、パート、アルバイトなどのさまざまな雇用形態のスタッフが働くサービス業での課題のひとつが『スムーズな情報共有』と言われています。「口頭では伝達洩れのリスクが高い」「メール連絡でも全体に周知されるまでに時間がかかる」など、職場も雇用形態も異なる全スタッフに、スムーズに情報を行き渡らせることは難しいという声もよく聞かれます。
また、たとえビジネス向けのメールサービスやチャットツールなどを導入していたとしても、ITリテラシーの違いにより使いこなせないスタッフが多かったり、手間やコストの観点から社員以外のバイトやパートにはアクセス権を付与しないなどの理由で、そのツールが社内に浸透せず、どのようにすればうまく『社内連携』が取れるのか悩んでいるケースもあるようです。

その課題を解決するのが<ビジネス版LINE>と言われる「LINE WORKS with KDDI」です。導入することでコミュニケーションにどのような変化が起きたのか、具体的な事例を2件ご紹介します。

該当項目へジャンプします<ビジネス版LINE>についてさらに詳しく知りたい

【事例】情報がスムーズに伝わる! <化粧品販売業A社の場合>

県内に20店舗以上を構え、アルバイトやパートなどのスタッフが多いA社。細かな顧客対応が必要で、一人一人のお客さまへの接客時間が長いため、メールで周知される社内連絡を確認する時間が取れず、「大事な周知を見逃す」「全員に届くまでに時間がかかる」という悩みを抱えていました。この問題を解決したのが「LINE WORKS with KDDI」だったのです。

■数あるツールから「LINE WORKS with KDDI」導入を決めた理由は?
LINEの兄弟会社、Works Mobile社が開発した「LINE WORKS with KDDI」は、『LINE』の技術やノウハウ、使い勝手の良さはそのままに、ビジネスで使い勝手のよい機能をもつビジネスチャットツールです。A社は何よりもユーザー目線での使いやすさを重視した結果、「LINE WORKS with KDDI」の導入を決定しました。また管理者側としては、業務利用に耐えうるセキュリティ機能を有している点が、安心して運用できるとメリットを感じていたようです。

■「LINE WORKS with KDDI」導入で『情報伝達』がスムーズに
【問題点】メールでの情報伝達では、パソコンの前にいないと内容を確認できませんが、接客に忙しいスタッフはメールを確認する機会が少ないという根本的な課題がありました。
また、朝礼での口頭周知も、シフトの関係で朝礼へ参加できるスタッフに偏りがあり全員に周知が行き渡らないという問題が起こっていました。

【結果】LINE WORKS with KDDI」は最初からモバイルでの使用を前提に画面構成を最適化しているため、スマートフォンからの使い勝手が良いことが特長のひとつです。そのためスタッフは自分のスマートフォンなどから手軽に周知事項を確認でき、時間に縛られることなく確実に全員が同じ情報を共有できるようになりました。また、『LINE』と同じような使い勝手であることから社内への浸透も早く、連絡周知用だけではなく、スタッフが店長に気軽に相談をするツールとしても利用されるようになったのは、嬉しいメリットでした。

該当項目へジャンプします<ビジネス版LINE>についてさらに詳しく知りたい

【事例】コミュニケーションが円滑に! <ファッション小物販売業B社の場合>

複数の店舗を構えるB社。それぞれ働いている場所が離れているがゆえに、「コミュニケーションが取り辛い」「情報連携がおろそかになりがち」という声があがっていました。

■数あるツールの中で「LINE WORKS with KDDI」の強みは?
これまでもいくつかのITツールを使いコミュニケーション促進を図ってきましたが、問題になったのはその操作性です。ビジネス向けとなると、ある程度のITリテラシーが必要なツールが多く、なかなか浸透しない状況でした。そこで日頃使い慣れた『LINE』と同じ感覚で使える「LINE WORKS with KDDI」を導入したところ、導入当日にはほとんどのスタッフが登録を済ませ、すぐに業務で使い始めたそうです。

■「LINE WORKS with KDDI」導入でコミュニケーションが円滑に
【問題点】どの店舗においても最新の情報を常に共有することが求められていましたが、メールでは一定の時間が空かないと確認できず、上司からの伝達事項やスタッフ間の情報共有に時間がかかり、円滑なコミュニケーションが取れませんでした。

【結果】「LINE WORKS with KDDI」の導入により、社内の情報を素早く簡単に発信することが可能に。スタッフも、休憩時間やちょっとした隙間時間でメッセージを確認できるようになりコミュニケーションのスピードが上がりました。また本社などの発信側としては『既読確認』の機能を活用することで、既読数だけでなく「誰が読んで、誰が読んでいないのか」周知が行き渡ったかどうかを把握できるのも非常に便利だと語っています。

<操作画面例 (スマートフォンの場合)>

  • (1) トークルーム一覧

  • (2) グループトーク

  • (3) 既読メンバー確認画面

該当項目へジャンプします<ビジネス版LINE>についてさらに詳しく知りたい

複数店舗や多くのスタッフを抱える企業にとって、迅速な情報伝達と円滑なコミュニケーションは今後も課題となることでしょう。「LINE WORKS with KDDI」を上手に活用して、ぜひ課題解決にお役立てください。

次回は社員の外出が多い会社でのケースでの活用事例をご紹介します。

該当項目へジャンプします<ビジネス版LINE>についてさらに詳しく知りたい

詳しい内容の資料を無料でダウンロードできます

ビジネスにおける正しい『LINE』の使い方

シンプルで簡単。ビジネスの現場での効果を発揮する<ビジネス版LINE>の活用方法をご紹介しています。

新規ウィンドウが開きます資料ダウンロード

関連サービス・ソリューション

まずは、お気軽にご相談ください。

新規ウィンドウが開きますご検討・お見積の相談はこちら (無料)

パンフレットをダウンロードいただけます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。