法人のお客さま

メニューを開く
検索エリア
KDDIホーム 法人のお客さま ビジネス課題を解決するIT活用事例とその効果(営業売上UP編)

中小企業のお客さま向け

ビジネス課題を解決するIT活用事例とその効果 営業売上UP編

課題ごとのIT活用事例を見る

中小企業が重視する経営課題とは?

中小企業が重視する経営課題(複数回答)中小企業が重視する経営課題(複数回答)

今回は主に営業売上向上において必要とされる
以下の3つの営業課題をピックアップし、
課題解決のための取り組みとIT活用法をご紹介。

  • 新規顧客開拓
  • 商談時間の確保
  • 既存顧客の維持

営業現場における課題と
課題解決のためのIT活用事例

営業売上向上に貢献する
営業課題解決のための
取り組みとIT活用

ファイル共有機能の活用で成功事例や営業ノウハウを
社全体で簡単に共有でき、営業力が大幅アップ。

次の課題解決に貢献:
新規顧客開拓・商談時間の確保
Point1
過去の顧客への提案書や成功事例、トークスクリプト(電話営業の台本)を一元管理し、社全体で簡単に共有できます。
Point2
今まで属人化していた個人の提案ノウハウを組織全体へ浸透させ、新規顧客開拓の基本的な手法を確立できます。
Point3
共有された資料は複数人で確認しながら同時に共同作業ができるので、ファイルの分散を防ぎつつ常に最新の状態が保てます。

活用する機能やツール

  • ファイル共有機能
G Suite Basic(TM)

Google ドライブ Google ドライブ

このツールが使えるサービスはこちら
G Suite Basic
Office 365 with KDDI

SharePoint Online SharePoint Online

このツールが使えるサービスはこちら
Office 365 with KDDI

場所や時間を選ばないオフィス環境の提供で、
商談に費やせる時間を新たに創出。

次の課題解決に貢献:
新規顧客開拓・商談時間の確保・既存顧客の維持
Point1
移動中でもスマートフォンやタブレットを使って会社宛てメールの送受信はもちろん、添付資料の閲覧や受発注の手続きなども行えます。
Point2
経費精算や日報業務は社内・社外どこからでも作成が可能なので、“スキマ”時間をフル活用できます。
Point3
会社に戻ることなく顧客からのメールに即時対応でき、商談時間の確保だけでなく顧客との信頼関係も強化できます。

活用する機能やツール

  • クラウドメール
  • クラウド版文書作成ツール
  • スマートフォン
  • タブレット
  • ファイル共有機能
G Suite Basic

Google スプレッドシート/Google ドキュメント/Google プレゼンテーション/Gmail(TM)/Google ドライブ Google スプレッドシート/Google ドキュメント/Google プレゼンテーション/Gmail(TM)/Google ドライブ

このツールが使えるサービスはこちら
G Suite Basic
Office 365 with KDDI

Exchange Online/Office アプリケーション/SharePoint Online Exchange Online/Office アプリケーション/SharePoint Online

このツールが使えるサービスはこちら
Office 365 with KDDI

状況に応じたコミュニケーションツールで
社員間の情報共有が飛躍的に向上。
社内メンバーによる素早い営業支援を実現。

次の課題解決に貢献:
商談時間の確保
Point1
外出先からスマートフォンで社内にチャット連絡。外出先の急な確認にも素早いレスポンスが可能になり、時間のロスを削減できます。
Point2
顧客からの技術的な質問にも社内にいる専門メンバーをタブレットを通して商談に参加させその場で解決。商談期間の短縮にもつながります。
Point3
タブレットやスマートフォンからビデオ会議に参加できるので、会社に戻らなくても外出先から社内会議ができ、移動時間を削減できます。

活用する機能やツール

  • チャット
  • ビデオ会議
G Suite Basic

Google ハングアウト Google ハングアウト

このツールが使えるサービスはこちら
G Suite Basic
Office 365 with KDDI

Skype for Business Skype for Business

このツールが使えるサービスはこちら
Office 365 with KDDI

過去の取引情報、お問い合わせ内容、訪問履歴などを一元管理。
顧客との接点増と顧客満足度向上を実現。

次の課題解決に貢献:
既存顧客の維持
Point1
営業報告や顧客情報、お問い合わせ管理機能などが連動し、情報を一元管理。すべてのスケジュールや情報資産を把握できます。
Point2
見込顧客として重要な名刺情報をデジタル化。未フォロー、競合のお客さまなど、情報を管理しお客さまに合わせた施策を講じることができます。
Point3
メルマガへの送付結果や送付後のフォロー状況なども分かるため顧客単位での施策の効果が計れるようになります。

活用する機能やツール

  • 営業支援・顧客管理システム

KDDIナレッジスイート KDDIナレッジスイート

機能詳細はこちら
KDDI Knowledge Suite

サービスに関するお問い合わせ

KDDI 法人営業担当者が、サービスのご説明やお見積もりをします。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

新規ウィンドウが開きます ご検討・お見積の相談はこちら