Wi-Fi WALKER WiMAX 2+: スペックワイファイ ウォーカー ワイマックス ツープラス

KDDI 法人・ビジネス向け「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ ワイファイ ウォーカー ワイマックス ツープラス: スペック」(データ通信端末) のご案内です。

メーカー

メーカー名 HUAWEI

基本スペック

サイズ(幅×高さ×厚さ) 約64× 104 × 14.9 mm
重量 約140g
連続通信時間 ※1 WiMAX 2+接続時:約650分
WiMAX接続時:約580分
4G LTE接続時:約600分
連続待受時間
(日本国内使用時) ※1
ECOモード 約970時間
クイックアクセスモード
約37時間(WiMAX 2+)
約40時間(WiMAX)
約38時間(4G LTE)

(注1)
充電時間 専用ACアダプター使用時:約170分
電池容量 3,000mAh
外部メモリ 推奨最大容量 ※2 microSDHC(32GB)
ディスプレイ(画面)タイプ TFT LCD
ディスプレイ(画面)サイズ 約2.4インチ
au ICカード au Micro IC Card (4G LTE)
インターフェイス Micro USB 2.0 High Speed
外部接続端子 microUSB
最大接続可能数 ○(最大10台)
対応OS Windows® Vista® / 7 / 8 / 8.1 / 10
Mac OS X v10.5 / v10.6 / v10.7 / v10.8 / v10.9 / v10.10

(注2)
  1. ※1)
    連続通話時間および連続待受時間は、電波を正常に受信できる静止状態での平均的な利用可能時間です。
    実際にお客さまが使用できる時間は、通話の時間、回数、メール作成の時間、メール送受信回数、インターネット・各種アプリケーションの使用状況・ネットワークの状況などのさまざまな条件により大きく変動します。
  2. ※2)
    当社基準において動作確認した数値です。一部機種では、セキュア対応外部メモリーカードを利用して外部保存許容の著作権データの移行が可能です。使用するメモリーカードのメーカーにより、記載の容量のカードでも対応しない場合があります。
  1. 注1)
    初期設定はECOモード
  2. 注2)
    Windows® 10をご利用のお客さまにつきましては、Wi-Fi WALKER WiMAX2+設定ツールの「バックアップ&リストア」のリストア機能が一部のブラウザ(Microsoft Edge (Windows10の標準ブラウザ)、Internet Explorer 11)ではご利用いただけません。
    リストア機能をご利用の場合は他のブラウザでのご利用をお願い致します。

通信

通信速度(受信) WiMAX 2+対応エリア:最大110Mbps
WiMAX対応エリア:最大40Mbps
4G LTEエリア:最大75Mbps

(注3)
通信速度(送信) WiMAX 2+対応エリア:最大10Mbps
WiMAX対応エリア:最大15.4Mbps
4G LTEエリア:最大25Mbps

(注4)
au世界サービス対応
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n(LAN)
IEEE802.11a/b/g/n・5GHz対応(WAN)
  1. 注3)
    WiMAXの受信最大速度40Mbpsは、2015年春より順次最大速度13.3Mbpsエリアへ切り替わります。
  2. 注4)
    WiMAXの送信最大速度15.4Mbpsは、WiMAX 2+対応エリアおよびその周辺では最大10.2Mbpsとなる場合があります。
  1. ※上記の通信速度はいずれもベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。お客様のご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。また、エリアにより最大通信速度は異なります。最新のエリア情報はサービスエリアページでご確認ください。
  2.  
    新規ウィンドウが開きます サービスエリア
電波の比吸収率(SAR値):身体 0.750W/Kg

詳しくはこちら

  1. ※製品仕様などは予告なく変更することがあります。
サポート情報
導入事例 一覧 導入事例トップ

携帯電話やBlackBerry (R) をKDDIのスマートフォンに刷新。
大幅な業務効率化と通信のトータルコスト削減を実現。

「KDDI Wide Area Virtual Switch」と「CPA」で、セキュアなリモートアクセスを実現し、業務効率化を達成。

外出先で電話とメール送受信の頻度が高いスタッフに、スマートフォン『EIS01PT』を導入。ワークスタイル別にモバイル環境の最適化を推進中。