GRATINA 4G: スペックグラティーナ フォージー

KDDI 法人・ビジネス向け「GRATINA 4G グラティーナ フォージー: スペック」(携帯電話) のご案内です。

メーカー

メーカー名 KYOCERA

基本スペック

サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51 × 113 × 16.7mm(最厚部 約17.7mm)
重量 約130g
連続通話時間
(音声通話時/日本国内使用時) ※1
約530分
連続待受時間
(日本国内使用時) ※1
4G LTEエリア:約530時間
WiMAX 2+:-
充電時間 約120分
(注1)
電池容量 1,500mAh
電池パック取り外し
データフォルダ容量
(最大容量/最大保存件数) ※2
外部メモリ 推奨最大容量 ※3 32GB microSDHC™
アドレス帳登録件数 本体メモリの空容量に依存
ディスプレイ(画面)タイプ TFT液晶
ディスプレイ(画面)サイズ 約3.4インチ
ディスプレイ(画面)最大表示色 約1,677万色
防水 ※4 IPX5/IPX8
(注2)
防塵 ※4 IP5X
(注3)
  1. ※1)
    連続通話時間および連続待受時間は、電波を正常に受信できる静止状態での平均的な利用可能時間です。
    実際にお客さまが使用できる時間は、通話の時間、回数、メール作成の時間、メール送受信回数、インターネット・各種アプリケーションの使用状況・ネットワークの状況などのさまざまな条件により大きく変動します。
  2. ※2)
    どちらかが最大に達するまで保存できます。
  3. ※3)
    当社基準において動作確認した数値です。一部機種では、セキュア対応外部メモリーカードを利用して外部保存許容の著作権データの移行が可能です。使用するメモリーカードのメーカーにより、記載の容量のカードでも対応しない場合があります。
  4. ※4)
    キャップ類はしっかりと閉じ、電池フタの着脱が可能な機種は確実に取り付けてください。海水・プール・温泉の中に浸けないでください。砂浜などの上に置かないでください。
  1. 注1)
    共通ACアダプタ05での測定
  2. 注2)
    IPX5:内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5ℓ/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保ちます。IPX8:常温で、水道水、かつ静水の水深1.5mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての機能を保ちます。
  3. 注3)
    IP5X:防塵試験管内で電話機を8時間かくはんした際に、試験用粉塵(直径75µm以下)が電話機内部に入った場合でも所定の動作および安全性を保ちます。

通信

赤外線通信 ○(リモコン非対応)
Bluetooth® Ver.4.1

カメラ

有効画素数 メイン:約800万画素
サブ:-
撮影素子 メイン:CMOS
サブ:-
撮影ライト 静止画:○
動画:○
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
手ブレ補正機能・手ブレ軽減機能 静止画:○
動画:○
静止画最大撮影サイズ 3,264×2,448
静止画連続撮影
静止画ズーム 4倍
動画ズーム 4倍

テレビ

テレビ(視聴) ワンセグ:○
フルセグ:-
テレビ(録画) ワンセグ:ー
フルセグ:-

その他

防犯ブザー
バイリンガル機能 ○(日本語含む2言語)
au世界サービス ○(GSM / UMTS)
GPS
おサイフケータイ® ○(FeliCa)
(注4)
緊急速報メール
SMS (Cメール)
Eメール (…@ezweb.ne.jp)
LISMO音楽連続再生時間 ※5
ハンズフリー機能
辞書機能
オリジナル機能
  1. ※5)
    当社基準において動作確認した数値です。数値はイヤホン使用時のものです。
  1. 注4)
    おサイフケータイでご利用できるサービスは3Gケータイ/スマートフォンとは異なります。詳細は

    こちら

電波の比吸収率(SAR値):側頭部 0.385W/Kg
電波の比吸収率(SAR値):身体 0.498W/Kg

詳しくはこちら

  1. ※製品仕様などは予告なく変更することがあります。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


サポート情報

関連サービス・ソリューション

導入事例 一覧 導入事例トップ

本庁内・全職員にユニファイド・コミュニケーションを導入。
業務効率化と通信コスト削減を実現。

中堅証券会社としては初めて (注1)スマートフォン『SIRIUSα IS06』とケータイ『E10K』を全社的に本格導入。さらに『KDDI ビジネスコールダイレクト』との組み合わせによって、大幅な業務効率化と通信費のコストダウンを実現。

  • 注1)
    KDDI調べ

データ通信と音声通話が同時に行えるコンカレント機能搭載のauケータイ『E31T』とポータブル・ポスを組み合わせお客さまサービスの向上と端末管理の効率化を実現