KDDI Wide Area Virtual Switch

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI Wide Area Virtual Switch (KDDI WVS)」(ネットワークシステム構築サービス) のご案内です。

お知らせ
【2017年10月更新】 ブロードバンドアクセス方式II品目追加について

「KDDI Wide Area Virtual Switch」は、2017年10月30日より、ブロードバンドアクセス方式IIにフレッツ光ネクスト1Gbps品目の新規お申し込み受け付けを開始します。詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます「KDDI Wide Area Virtual Switch」・「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」ブロードバンドアクセス方式に1Gbpsベストエフォート品目を追加

【2017年8月更新】 サービスの一部 新規お申し込み受け付けおよび提供終了について

「KDDI Wide Area Virtual Switch」の一部、『Virtual データセンターメニュー』のファイルサーバ/ファイルサーバ・エントリーなどの新規お申し込み受け付けおよび提供終了について、詳しくは以下をご参照ください。

サービスの一部 終了情報

従来の広域イーサネットやIP-VPN型サービスとは異なり、「広域仮想スイッチ」という新しい概念を国内通信事業者として初めて導入した新型ネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch」

概要

「KDDI Wide Area Virtual Switch」は、システム統合・集中管理による管理・運用負荷軽減や災害対策・事業継続への対応、といったデータセントリック (情報資産集中化) のニーズに対応する、新型ネットワークサービスです。従来の広域イーサネット・IP-VPN型サービスとは異なり、レイヤの異なる複数のネットワークを仮想的に統合し、宅内ルータまで含めてあたかも1つの『広域スイッチ (注1)』として利用可能にするまったく新しい概念のネットワークです。

  1. 注1)
    広域仮想スイッチ:
    レイヤの異なる複数のネットワークを仮想的に統合し、宅内ルータまで含めてあたかも1つの広域スイッチとして利用可能とすること。「KDDI Wide Area Virtual Switch」は、従来の広域イーサネットやIP-VPN型サービスとは異なり、『広域仮想スイッチ』という新しい概念を導入した新型ネットワークサービスです。
    データセントリック化が進む企業ICTの運用ニーズに対応し、データセンターからアプリケーション、ネットワーク、お客さま宅内機器まで含めた、あらゆるICTサービスをワンストップで提供するためのプラットフォームインフラとして位置づけています。

KDDI Wide Area Virtual Switch概要

  1. 1「安定した稼働実績、99.999%」KDDIのネットワーク

  2. 2「あらゆるニーズに応える多彩なネットワーク機能」
  3. 3「高セキュアなモバイルワークを実現」
  4. 4「高い信頼性と迅速なシステム構築を可能にする新しいIaaSサービス」と「IaaSサービスへの閉域接続」
  5. 5「ネットワーク直結の仮想データセンター」

「スマートバリュー for Business」対象の固定通信サービス

「KDDI IP-VPN」は、「スマートバリュー for Business」の対象固定通信サービスです。
スマートフォンやクラウドサービスを簡単、低価格に導入いただけます。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

サービス専門スタッフより翌営業日以内にご連絡させていただきます。

サービスのパンフレットをダウンロードいただけます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。


サポート情報

導入事例 一覧 導入事例トップ

KDDIのタブレットやネットワークを活用し、安全性と業務効率を両立。

「クローズドリモートゲートウェイ (CRG)」と「KDDI Wide Area Virtual Switch」で、デジタルX線画像診断装置のセキュアなリモート保守を実現。

『Skype for Business』と『KAITO セキュアレコーダ』で、コンプライアンス強化と業務効率化を実現。


業種別に見る ビジネス課題を解決するIT活用事例とその効果 業務効率化・コスト削減編