KDDI Flex Remote Access: 機能

KDDI 法人・ビジネス向けKDDI Flex Remote Access: 機能」(リモートアクセス・リモート接続) のご案内です。VPNを利用したセキュリティの高いリモートアクセスです。

機能

RADIUS認証

  • IDとパスワードで認証します。
  • KDDIの認証サーバをご利用いただけます。
  • IDの管理はお客さまが自由に行えます。(カスタマーコントロール機能)
  • 許可されたデバイスのみを接続させる証明書認証 (デバイス認証) をオプションとして併用し、さらに安全なリモートアクセスを行う事も可能です。

RADIUS認証

高機能RADIUS認証

  • IDとパスワードで認証します。
  • 高機能RADIUSカスタマコントロールと合わせてご利用いただき、「お客さま (ご利用者さま) 本人によるパスワード変更」や「パスワード有効期限設定」などのRADIUS認証で利用できる機能以上のものをご利用いただけます。
  • この認証機能は富士通株式会社『FENICS II ユニバーサルコネクト』サービスとの連携によりご提供致します。
  • 富士通株式会社『ユニバーサルコネクト』サービスの一部機能のみを提供するもので、すべての機能を提供するものではございません。

高機能RADIUS認証

ワンタイムパスワード認証 (マトリックス方式)

  • IDとパスワードで認証します。
  • マトリックス (表) はデバイス上に表示されるので、お客さまは決めた配列パターン (形) だけを覚えて、パターンに従い入力します。(パスワードを覚える必要が無く忘れにくい)
  • マトリックス (表) 内の値は都度変更になるので、ワンタイムパスワードとなります。
  • IDの管理はお客さまが自由に行えます。(カスタマーコントロール機能)
  • 許可されたデバイスのみを接続させる証明書認証 (デバイス認証) をオプションとして併用し、さらに安全なリモートアクセスを行う事も可能です。

ワンタイムパスワード認証、マトリックス方式

  • 上記例はパスワード配列パターンを"V"とした場合
  • マトリックス (表) 内の値は都度変更となります。

証明書認証 (デバイス認証)

powered by cybertrust

  • 電子証明書をデバイスに登録することで、認められたデバイスのみが接続することができます。
  • 万一デバイスを紛失した際は、証明書を緊急失効することで、アクセスは不可能になります。
  • 電子証明書および認証局は、認証・セキュリティ事業で実績のあるサイバートラスト社のものをご利用いただけます。(本サービスで提供致します)
  • RADIUS認証、高機能RADIUS認証、ワンタイムパスワード認証と組み合わせることでさらに安全性を高めることができます。

証明書認証、デバイス認証

オンデマンド接続

  • 必要な場合に自動でVPN接続されるので、お客さまはその都度VPNのON/OFF操作をする必要がありません。
  • 証明書認証 (デバイス認証) のお申し込みが必要です。
  • 自動接続 (認証) 機能を使うため、RADIUS認証などのID認証との併用はできません。
  • 対応するOSはWindows OS、Mac OSおよびiOSです。OSの違いにより動作や設定可能な範囲は異なります。

Always-On接続

  • 必要な場合に自動的にVPN接続されるので、お客さまはその都度VPNのON/OFF操作をする必要がありません。
  • 社外などでの通信は必ずVPN接続されるので、インターネットへの接続は必ず社内のProxyサーバを経由致します。
  • 証明書認証 (デバイス認証) のお申し込みが必要です。
  • 自動接続 (認証) 機能を使うため、RADIUS認証などのID認証との併用はできません。
  • 対応するOSはWindows OS、Mac OSおよびiOSです。
    OSの違いにより動作や設定可能な範囲は異なります。

統合認証

  • 「KDDI Flex Remote Access」と「KDDI ビジネスセキュアWi-Fi」を組み合わせてご利用いただくと、ID/証明書の共用利用が可能になります。
  • 「KDDI Flex Remote Access」のID/証明書料金で、「KDDI ビジネスセキュアWi-Fi」もご利用いただけます。
    「KDDI ビジネスセキュアWi-Fi」をご利用いただくには、お客さま拠点へのWi-Fi AP設置が必要です。(注1) (注2)
  • 共通のカスタマーコントロール画面でID管理、アカウンティングログ閲覧が可能になります。
  • 社外からは「KDDI Flex Remote Access」によりどこからでもイントラネット接続可能になり、社内からは「KDDI ビジネスセキュアWi-Fi」により、高速で安定した通信がご利用いただけます。
  • 注1)
    「KDDI Flex Remote Access」でワンタイムパスワード認証をご利用の場合は、統合認証機能はご利用いただけません。
  • 注2)
    Wi-Fi APを設置するお客さまには、「KDDI Wide Area Virtual Switch」回線が必要です。
  • Wi-Fi AP: Wi-Fiアクセスポイント

総合認証

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

サービス専門スタッフより翌営業日以内にご連絡させていただきます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。

導入事例 一覧 導入事例トップ

タブレットと「KDDI Flex Remote Access」で顧客情報への安全なリモートアクセスを実現。

「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」でBCP (注1)やセキュリティ、運用負荷の課題を解決。


在宅勤務でワークライフバランスを実現 BCP(事業継続計画)としても有効な一手に

ご検討中のお客さま

be CONNECTED.
最新のイベント・セミナー情報をご覧いただけます。
KDDI ビジネスメールマガジン 法人のお客さまに役立つ情報をお届けします。
Business Port パートナーサービス一覧
よくあるご質問