KDDI 光ダイレクト

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI 光ダイレクト」(IP電話 (IPフォン)・直収電話) サービス のご案内です。アクセス回線に光ファイバーを利用し、お客さまの電話機、電話番号はそのままでIPネットワークをバックボーンとした高品質IP電話サービスをご利用いただけます。

お知らせ
『2017年日本法人向けIP電話・直収電話サービス顧客満足度調査』5年連続第1位の受賞について

KDDIは、株式会社J.D. パワー アジア・パシフィックによる『2017年日本法人向けIP電話・直収電話サービス顧客満足度調査』において総合満足度第1位を5年連続で受賞しました。
詳しくは、以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きますJ.D. パワー「2017年日本法人向けIP電話・直収電話サービス顧客満足度調査」において5年連続第1位を受賞

【2017年11月更新】 セルフページについて

2017年11月8日より、セルフページの画面をリニューアルしました。セルフページについて詳しくは以下をご参照ください。

セルフページ

概要

IPネットワークで通信コストを削減、
高品質IP電話サービス「KDDI 光ダイレクト」

「KDDI 光ダイレクト」とは・・・

光ファイバーをアクセス回線とし、KDDIのIPネットワークをバックボーンとした高品質IP電話サービスです。お客さまが現在ご利用中の電話機・電話番号をそのままで、高品質なIP電話サービスや豊富な付加サービス、インターネットサービスをお得な料金でご利用いただけます。

「KDDI 光ダイレクト」のネットワーク構成例 (9ch以上の場合)

KDDI 光ダイレクトのネットワーク構成例 (9ch以上の場合)

「KDDI 光ダイレクト」のネットワーク構成例 (8ch以下の場合)

KDDI 光ダイレクトのネットワーク構成例 (8ch以下の場合)

サービス概要

電話契約について

1契約には、ひとつの電話番号 (0AB~J番号 (注1) または050番号) が含まれます。
ご契約後に電話番号とch数 (注2) を追加いただくことができます。

  • 注1)
    0AB~J番号とは、03 (東京) や06 (大阪) などから始まる固定電話番号です。
  • 注2)
    ch数とは同時に接続できる外線数です。
  • 「KDDI 光ダイレクト」の0AB~J番号は緊急通報に対応していますが、050番号は対応していません。

接続できる番号の詳細は下表をご参照ください。

pdfファイルをダウンロードします接続可否番号一覧 (224KB)

宅内機器について

お客さまが現在ご利用中のPBXや電話機はそのままご利用できます。(注3)
アダプターは、KDDIよりレンタルでご提供します。(注4)
PBXインターフェースに合わせて、COT型、BRI型、PRI型、ODT型、TTC2M型の5種類からご選択できます。

  • 注3)
    接続される通信機器によっては、正常に動作しないことがあります。詳しくは各メーカーおよび販売店までお問い合わせください。
  • 注4)
    レンタルアダプターをご利用にならず、お客さまにてIP-PBXやアダプターなどをご用意していただくことも可能です。
    「KDDI 光ダイレクト」で利用可能な機器については、KDDI営業担当までお問い合わせください。
  • アダプターの設置台数やインターネットオプションの有無により、ルータなどのネットワーク機器が必要となる場合があります。
  • ルータは音声品質基準を満たす機器をご用意ください。

セルフページ

「KDDI 光ダイレクト」にご加入済のお客さまは、セルフページからお客さまご自身でご契約内容の確認/変更、ご利用料金の確認などを行うことができます。

  • ご利用にはセルフID、セルフパスワードが必要です。セルフID、セルフパスワード (初期) については「ご利用開始のご案内 (開通通知)」をご確認ください。
  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

サービス専門スタッフより翌営業日以内にご連絡させていただきます。

サービスのパンフレットをダウンロードいただけます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。


サポート情報

導入事例 一覧 導入事例トップ

本庁内・全職員にユニファイド・コミュニケーションを導入。
業務効率化と通信コスト削減を実現。

「Google Apps for Work (TM)」とスマートフォンにより、出張先でのメールチェックを容易にし、事業継続性の担保と維持コストの低減も達成。

KDDIの各種モバイルデバイスと音声電話サービスで、社会的使命に応える強力な業務環境を構築。