フリーコールDX

KDDI 法人・ビジネス向け「フリーコールDX」(電話サービス) のご案内です。

概要・特長

概要

フリーコールDXは高機能な通話料金着信者払いサービスです。 便利な付加サービスと覚えやすいフリーコール番号でお客さまのビジネスチャンスをサポートします。

KDDIからのご提供番号体系

特長

番号ポータビリティ

今お使いの0120番号を変えることなく、KDDIフリーコールとしてご利用いただけます。

番号ポータビリティとは着信課金サービス番号を変えずに電話会社を変えることができる制度 (注) です。電話会社変更の際の切替は瞬時に行われるため、通話中のコールも切れることはありません。

図: 番号ポータビリティイメージ

  • 注)
    番号ポータビリティ制度参加事業者は、ソフトバンク、NTTコミュニケーションズ、NTT東日本、NTT西日本、アルテリア・ネットワークス、楽天コミュニケーションズ、KDDIの7社 (2015年12月1日現在)。
  • 0800で始まる番号でも番号ポータビリティによる切替が可能です。
番号は今まで通り
  • お客さまへの番号変更のお知らせが不要です。
  • 今までの認知度をそのまま活用することができます。
  • タウンページ・ハローページへの番号掲載や、「104」での番号案内も可能です。
  • タウンページ・ハローページはNTTの登録商標です。

通信コストの削減

お客さまとKDDIネットワークを光回線で直結した光ダイレクトを組み合わせてご利用いただくことにより、通話料金を大幅に削減可能です!!

図: 通信コストの削減の概念図

NTT回線ご利用の場合の割引サービス

割引サービス

お客さまのニーズに合わせた最適な受付体制が構築できます

お客さまのニーズに合わせた組み合わせにより、効率的な受付体制が実現できます。

  • 付加サービスの組み合わせ方法については、担当営業にお問い合わせください。

経費管理が効率的に行えます

着信先電話番号ごとに、利用額の把握や請求書を分けることが可能ですので経費管理も効率的に行えます。

  • 詳しくは担当営業にお問い合わせください。

付加サービスの設定変更が簡単に行えます

カスタマコントロールにより、お客さまのパソコンから付加サービスの設定変更が簡単に行えます。ソフトのインストールなどの手間もかかりません。

  • ご利用にあたっては、パソコン・モデム・ウェブブラウザなどが必要になります。

トラフィックデータの収集が行えます

カスタマコントロールにより、詳細なトラフィックデータの収集が行えます。
オペレータの配置や、回線増設などの参考データとして活用できます。

万全の保守・サポート体制で安心です

自然災害や事故に備えてネットワークを2重化するとともに、24時間体制で監視。万が一の場合の保守体制も万全です。またカスタマコントロール専用のヘルプデスクをご用意、フリーコールDXご利用のお客さまをサポートしています。

シンプルな機能で、リーズナブルにご利用したい方には「フリーコールS」

「フリーコールS」はこのような方におススメです

  • 月額料金を安く抑えたい
  • 受付時間を制限して、時間外はアナウンスを流すだけでよい
  • 都内だけ、など地域を限定して電話を受け付けるだけでよい

フリーコールS

  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

関連サービス・ソリューション

導入事例 一覧 導入事例トップ

「パブリッククラウド型コンタクトセンターソリューション」などを導入し、秒単位で勝負が決まるビジネスで成功を収める。