KDDI CSR調達方針

KDDIでは、社会インフラを担う総合通信事業者として、より高い水準で社会的責任を果たしていく責務があると認識しています。その責務を遂行していくためには、KDDIのみではなく、サプライチェーン全体での取り組みが必要であるとの考えに基づき、「KDDI CSR調達方針」を公表しています。
「KDDI CSR調達方針」は、お客さまにご満足いただけるサービスの提供、企業と社会の持続的発展を目指し、お取引さまに対して要請・支援を行い、サプライチェーン全体にこの取り組みを拡げていくことを目的としています。今後、「KDDI CSR調達方針」へのお取引先さまへのご理解・ご賛同によるパートナーシップ体制の強化により、CSR調達水準のさらなる向上を目指していきます。

KDDI CSR調達方針

KDDIは製品の調達にあたり、「品質・価格・納期・安定供給・環境や社会への配慮」に着目しています。お取引先さまや調達品の選定にあたっては、これらが重要な判断の要素となります。

  1. 1.お取引先との共存共栄
    すべてのお取引先さまはパートナーであるという考えのもと、サプライチェーン全体で問題解決を図り、長期的な信頼関係を構築することで、相互の繁栄・存続を目指します。
  2. 2.地球環境への配慮
    無駄な資源、エネルギーなどの排除による原価低減をサプライチェーン全体で行うことで、地球環境に配慮した調達活動を推進します。
  3. 3.公正・公平な取引
    購買活動に関係する国内外の法令を遵守し、お取引先さまと対等な立場で公正な取引を行うことで、すべてのお取引先さまに対して公正かつ自由競争による機会を提供します。
  4. 4.人権・労働環境への配慮
    人権を尊重し、労働環境の向上や安全衛生の確保を目指した調達活動を推進します。
  5. 5.適正な情報管理
    調達活動によって得た機密情報および個人情報については守秘義務を遵守します。
  6. 6.品質と安全性の確保
    お取引先さまとともに、製品・サービスの品質と安全性の維持・向上に努めることで、価値のある製品・サービスの提供を目指します。
  7. 7.社会との共生
    よき企業市民として、地域社会と共生し、お取引先さまとともに、持続可能な社会の実現に貢献します。

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る