KDDIホーム 企業情報 KDDIについて 公開情報 ユニバーサルサービス制度について

ユニバーサルサービス制度について

加入電話などの電話サービス (これを「ユニバーサルサービス」といいます) を全国どの世帯でも公平に安定して利用できるよう、必要な費用を電話会社全体で応分に負担する「ユニバーサルサービス制度」が2006年より実施されています。
KDDIおよび沖縄セルラーは、ユニバーサルサービス制度の開始に伴い、au電話、auひかり電話など当社と直接ご契約されているお客さまに2007年1月ご利用分から、「ユニバーサルサービス料」のご負担をお願いすることとし、負担金全額を本サービスの業務支援機関である電気通信事業者協会 (TCA) に納めています。
お客さま各位におかれましては、ユニバーサルサービス制度についてご理解いただき、ご協力を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

1. 電話に関する「ユニバーサルサービス」とは、具体的にどのようなサービスですか?

電話に関する「ユニバーサルサービス」は、法律 (注1) において「国民生活に不可欠であり、あまねく日本全国における提供が確保されるべき」とされているサービスです (基礎的電気通信役務)。具体的なサービスとしては、

  • 加入電話サービスのうちの加入者回線 (基本料)、および110番・118番・119番の緊急通報
  • 公衆電話のうちの社会生活上の安全、および戸外での最低限の通信手段を確保する観点から設置される第一種公衆電話について、当該公衆電話から利用可能な市内通話、特例料金が適用される離島特例通話、および110番・118番・119番の緊急通報
  • 加入電話に相当する光IP電話のうちの加入者回線 (基本料)、および110番・118番・119番の緊急通報が対象とされています。
  • 注1)
    電気通信事業法 第7条

2. ユニバーサルサービス制度とは、どのような仕組みなのですか?

「ユニバーサルサービス制度」とは、ユニバーサルサービスの提供を確保するため、ユニバーサルサービスを提供する適格電気通信事業者 (現在はNTT東日本・西日本が指定を受けています) に必要な費用の一部を補填し、電話会社全体で応分に負担する仕組みです。

3. なぜユニバーサルサービス制度が必要なのですか?

ユニバーサルサービス提供の確保はNTT東日本・西日本に対し法律上の責務とされ、これまでは、NTT東日本・西日本の負担によってユニバーサルサービスが維持されてきました。しかし、携帯電話やIP電話の普及および、電話サービスの都市部を中心とした競争の著しい進展などに伴い、利用環境がより向上しましたが、一方、特に都市部以外の採算が取れない地域 (高コスト地域) では、NTT東日本・西日本の負担だけではユニバーサルサービスの提供を確保することが困難となることが懸念されています。このため、引き続き、地域の格差なく全国どの世帯でも公平で安定的にユニバーサルサービスを利用できるよう、ユニバーサルサービスの提供の確保に必要な費用をNTT東日本・西日本だけでなく、それ以外の電話会社も応分に負担する仕組みとして、「ユニバーサルサービス制度」が導入されました。

4. ユニバーサルサービス制度の具体的な仕組みを教えてください。

ユニバーサルサービスの提供の確保のために必要な費用は、2007年1月以降、お客さまがご利用になる電話番号の数に応じて、弊社からユニバーサルサービス支援機関 (注2) を通じて、NTT東日本・西日本に支払われることになります。また、1電話番号当たりの支払い額 (これを「番号単価」(注3) といいます) は、NTT東日本・西日本に対して必要とされる補てん額 (注4) をもとに、ユニバーサルサービス支援機関が算定します。

  • 注2)
    ユニバーサルサービス支援機関は、ユニバーサルサービス制度の運営に携わる指定機関であり、総務大臣から「社団法人 電気通信事業者協会」が指定されています。
  • 注3)
    番号単価は、ユニバーサルサービス支援機関のホームページで公表されています。下記関連リンクをご参照ください。
    新規ウィンドウが開きます番号単価
  • 注4)
    補てん額は、離島・山間地などの高コスト地域における加入電話の加入者回線 (基本料) のコストの一部や、第一種公衆電話における赤字の一部を対象に算定されます。

5. ユニバーサルサービスの提供確保のために必要な費用は、私たちが電話会社に支払う料金と関係があるのですか?

この費用は、お客さまがご利用になる電話番号の数に応じて弊社が支払うものですが、最終的には、お客さまにお支払いいただくユニバーサルサービス料によって賄われることになります。

6. 私たちユーザーはどのような方法でユニバーサルサービスの費用を負担するのですか?

KDDIおよび沖縄セルラーは、ユニバーサルサービス制度の開始に伴い、au電話、auひかり電話など当社と直接ご契約されているお客さまに「ユニバーサルサービス料」のご負担をお願いすることといたしました。

当社は、お客さまに「ユニバーサルサービス料」として、ユニバーサルサービス支援機関が公表した「番号単価」相当額 (注5) をご負担いただき、負担金全額をユニバーサルサービス支援機関に支払います。
なお、当社は、NTT東日本・西日本の経営の効率化については、今後とも、お客さまとともに注視していきたいと考えております。
お客さま各位におかれましては、ユニバーサルサービス制度についてご理解いただき、ご協力を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

  • 請求項目名: ユニバーサルサービス料
  • 請求額: 3円 (注5)
  • 対象電話番号: 毎月月末時点においてご利用中の下記サービス (ダイヤルイン番号も対象)


    個人のお客さま 法人のお客さま
    移動体通信 auスマートフォン・auケータイ
    タブレット
    データ通信端末
    デジタル通信ライフ機器 (注6)
    auプリペイド式携帯電話 (注7)
    auスマートフォン・auケータイ
    タブレット
    データ通信端末
    通信モジュール
    デジタル通信ライフ機器 (注6)
    auプリペイド式携帯電話 (注7)
    固定通信 auひかり 電話サービス
    auひかり ちゅら 電話サービス
    ADSL one 電話サービス
    メタルプラス電話 (ご家庭用)
    ホームプラス電話
    ケーブルプラス電話
    マンションプラス電話
    050番号サービス
    auひかり ビジネス
    auひかり ちゅら ビジネス
    KDDIメタルプラス (事業所用)
    KDDI 光ダイレクト (注8)
    KDDI-IPフォン
    フリーコール
    DOD
    KDDIペーパーレスFAXサービス
    auオフィスナンバー
    オフィスケータイパック (固定電話番号通知オプション)
    KDDI クラウドオートコール
    • 注5)
      2016年7月ご利用分以降は1番号当たり月額3円
    • 注6)
      デジタル通信ライフ機器: デジタルフォトフレーム、電子書籍端末、通信機能付きカーナビゲーション
    • 注7)
      auプリペイド式携帯電話のユニバーサルサービス料は、2016年7月1日 (金) 午前0時以降に行われる利用開始登録、またはカード追加登録時から、1電話番号当たり3円となります。カード登録時に通話可能期間として加算される日数30日ごとに3円を、通話料残高から引き落とすことによりご請求させていただきます。
    • 注8)
      KDDI 光ダイレクト over Powered Ethernet、KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switchも含まれます。
    • 複数の番号をご利用の場合は、ご利用の番号数に応じた請求金額が発生いたします (「03」などから始まる電話番号と「050」から始まる電話番号を両方お持ちの場合は、それぞれの電話番号に対してユニバーサルサービス料がかかりますのでご注意ください)。
  • 請求書イメージ

    au携帯電話ご利用のお客さま Web請求イメージ

    auひかり電話ご利用のお客さま Web請求イメージ

    • auひかり 電話サービス (au one net以外)、ケーブルプラス電話については、各サービスをお申し込みいただいた提携プロバイダまたはケーブルテレビ会社からのご請求となります。

お問い合わせ
KDDIお客さまセンター

固定通信のお客さま フリーコール0077-777 (フリーコール/9:00~20:00 土・日・祝日も受付)
移動体通信のお客さま フリーコール0077-7-111 (フリーコール/9:00~20:00 土・日・祝日も受付)
  • ケーブルプラス電話については、サービスをお申し込みいただいたケーブルテレビ会社までお問い合わせください。

  • 表記の金額は特に記載のある場合を除き全て税抜です。

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る