auでんき サポート情報

KDDI 法人・ビジネス向けの「auでんき」のサポート情報です。

お知らせ
【2019年4月更新】 「auでんき」に電気購入由来のCO2排出量をゼロのメニュー追加について

2019年4月24日 (水) から、auでんき (特別高圧・高圧) TypeE (EPM・KDDI) に電気購入由来のCO2排出量をゼロとする排出係数メニュー (「RE100メニュー」、「ノンカーボンメニュー」) を追加いたします。
詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます電気のCO2排出量ゼロを実現auでんき (特別高圧・高圧) TypeE 排出係数メニューの提供開始について

【2019年3月更新】 九州電力エリアにおける「auでんき」の料金値下げについて

「auでんき」は、2019年4月1日 (月) から、でんきMプラン (九州)・でんきLプラン (九州)・低圧電力 (九州) の料金改定を実施いたします。詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます「auでんき」「ケーブルプラスでんき」などの九州電力エリアにおける料金改定について

pdfファイルをダウンロードします燃料費調整額計算方法の変更 (424KB)

停電情報

各地域の電力会社の停電情報ページへリンクします。

新規ウィンドウが開きます北海道電力

  • 外部サイトへ移動します

新規ウィンドウが開きます東京電力

  • 外部サイトへ移動します

新規ウィンドウが開きます中部電力

  • 外部サイトへ移動します

新規ウィンドウが開きます中国電力

  • 外部サイトへ移動します

新規ウィンドウが開きます九州電力

  • 外部サイトへ移動します

新規ウィンドウが開きます東北電力

  • 外部サイトへ移動します

新規ウィンドウが開きます北陸電力

  • 外部サイトへ移動します

新規ウィンドウが開きます関西電力

  • 外部サイトへ移動します

新規ウィンドウが開きます四国電力

  • 外部サイトへ移動します

お知らせ

2018年7月1日「auでんき」再生可能エネルギー発電促進賦課金の差額調整の対象月の変更について

2018年4月17日にご案内いたしました『「auでんき」再生可能エネルギー発電促進賦課金の計算方法変更について』における差額調整対象月の変更をお知らせいたします。

変更前 2018年5月利用分のご請求にて調整
変更後 2018年6月利用分のご請求にて調整

  • 2018年4月17日のご案内内容は以下の通りです。

2018年2月22日 「auでんき」再生可能エネルギー発電促進賦課金の計算方法変更について (2018年4月17日更新)

再生可能エネルギー発電促進賦課金は、国が年度ごとに単価を定めます。「auでんき」ではこれまで、新単価への切り替え予定日を2018年5月1日としていましたが、『電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法』の趣旨に則り、2018年より、これを4月の検針日へと改めます。
2018年4月の検針日での単価切り替えは、地域の電力会社も採用している方法です。変更により、「auでんき」のお客さまの再生エネルギー発電促進賦課金のご負担が、ほかの電力会社をご利用いただいた際よりも大きくなることはありません。

※ 検針日は、ご契約者さまごとに異なります。

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは?

『再生可能エネルギー発電促進賦課金』とは、再生可能エネルギーが私たちの暮らしを支えるエネルギーの一つになることを目指し、電気をご利用の皆さまに電気のご使用量に応じたご負担をお願いする、国が定めた制度です。
『再生可能エネルギーの固定価格買取制度』で、再生可能エネルギーで発電した電気を、地域の電力会社が一定価格で買い取ることを国が約束しています。電力会社が買い取る費用を電気をご利用の皆さまから賦課金という形で集め、今はまだコストの高い再生可能エネルギーの導入を支えていきます。
お客さまからお預かりした再エネ賦課金は、小売電気事業者 (注) が国へ納付しています。

  • 注)
    「auでんき」の小売電気事業者は、関西電力エリア: 関西電力株式会社、中国電力エリア: 中国電力株式会社、その他エリア: KDDI株式会社です。
お客さまへの影響

新単価への切り替えタイミングの変更による、4月の電気ご使用分に対する再エネ賦課金への影響額は、新単価が旧単価よりも上昇した場合は金額増、下落した場合は金額減となります。5月以降の金額には影響ありません。
今年度の差額については、2018年5月ご利用分のご請求にて調整させていただきます。

2018年度の再生可能エネルギー発電促進賦課金単価について

2018年3月23日に、2018年度の再生可能エネルギー発電促進賦課金単価が1kWh当たり2.90円となることが経済産業省より公表されました。なお、2017年度の単価は、1kWh当たり2.64円でした。

影響額の計算例 (モデルケース)

  • 検針日前に130kWh、検針日後に130kWh、合計260kWhご使用の場合

      新単価への切り替え時期の変更前 (2018年4月ご使用分)
    • でんき使用量 260kWh x 単価 2.64円 = 再エネ賦課金 686円
    • 新単価への切り替え時期の変更後 (2018年4月ご使用分)
      • 2017年度単価適用分: でんき使用量 130kWh x 単価 2.64円 = 再エネ賦課金 343円
        2018年度単価適用分: でんき使用量 130kWh x 単価 2.90円 = 再エネ賦課金 377円
      • 再エネ賦課金合計 ([1]+[2]) = 720円
  • 上記計算例はモデルケースです。実際の金額は、お客さまのご使用量によって異なります。
  • 2018年度の再エネ賦課金単価はauでんき料金ページに掲載しております。
  • 上記は税込金額です。
auでんき約款変更について

再エネ賦課金の計算方法変更の趣旨を反映し、2018年4月1日付でauでんき約款を変更します。

対象メニュー

【法人】でんきMプラン、【法人】でんきLプラン、および【法人】低圧電力が対象となります。

  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

本サービスへのお問い合わせ


  • お問い合わせ

    お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。