2006年4月 決算社長会見

日時 2006年4月25日 (火) 15:00~16:00
場所 経団連会館1001号室
発表案件 2006年3月期決算について

決算関連

  • 営業利益で過去最高を更新したが、感想は。
    投資家の期待にこたえるためには増収増益を続けていくことが重要だと考えている。ただし、今期は最高益更新といえども伸び率は0.1%にすぎず、満足していない。また、移動体通信が伸びている一方で固定通信事業は赤字であるのも問題である。固定の音声通信についてはすでに増収に転じたので、増益に結び付けていきたい。また、パワードコムと合併したメリットを生かし、法人向けサービスについても拡充していきたい。
  • 4000億円台の設備投資が続くが、減価償却費のピークはいつごろか。
    cdmaOne設備の償却額が大きかった2002年3月期がピークだった。現在はFCFの範囲内で設備投資を行なっており、今後減価償却費が大きく増えることはない。
  • 今回減損処理したのは、ツーカーの全設備のどの程度の割合か。
    ツーカーがサービス停止するまでに得られるキャッシュフローを算定し、そのキャッシュフローでカバーできない部分を減損処理した。

携帯電話事業

固定通信事業

そのほか

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る