2017年3月期第3四半期決算説明会 (決算ハイライト・質疑応答)

日時 2017年2月2日 (木) 17:00-18:00
場所 ガーデンエアタワー20階会議室
登壇者 田中社長、両角副社長、髙橋副社長、石川副社長、田島専務、内田専務、東海林常務、村本常務、本田経営管理本部長、堀井IR室長 (司会)

決算ハイライト

決算説明会の模様

決算説明会では、「2017年3月期第3四半期の業績」、「事業戦略の推進」、「通期業績予想の見直し」の3点について、社長の田中より説明致しました。

1. 2017年3月期第3四半期の連結業績

2017年3月期第3四半期 (2016年4~12月) の売上高は、3兆5,222億円 (期初予想に対する進捗率 74.9%) となりました。
営業利益は、パーソナルセグメントにおけるモバイル通信料収入 (注) の増収と端末販売コストの削減に加え、バリューセグメントにおける増益などが貢献し、7,757億円 (同 87.7%)、EBITDAは12,034億円 (同 81.3%) となりました。

  • 注)
    au通信ARPA収入+MVNO収入

2. 事業戦略の推進

国内通信事業においては、au契約者数に、当社の連結子会社などが提供するMVNO契約者数を加えた「モバイルID数」の拡大を図っていく方針であり、その成長を支える「UQ mobile」において、MVNO新規市場で30%のシェアを目指してまいります。
また、本年1月末に、FTTH・MVNO事業において240万超のお客さまを擁するBIGLOBE社を連結子会社化しました。今後は、BIGLOBEの持つ顧客基盤と、KDDIのライフデザイン事業・ネットワーク技術を、相互に活用することでマルチサービス利用者を拡大し、さまざまなシナジー創出を図ってまいります。

ライフデザイン事業においては、昨年8月に開始した長期利用者優遇サービス「au STAR」をさらに拡充するとともに、本年1月には「auスマートパスプレミアム」、自社物販サービス「Wowma!」を開始するなど、さまざまな施策を展開してまいりました。
その結果、au経済圏拡大の基盤となる「auスマートパス会員数」は順調に拡大し、1,500万会員を突破しました。
また、au WALLET決済が大きく牽引し、2017年3月期第3四半期のau経済圏の流通総額は8,970億円まで拡大しました。通期予想1兆2千億円に対する進捗も74.8%となり、順調に推移しています。
なお、当社サービスを複数ご利用いただいているお客さまの解約率は、auスマートフォンのみご契約いただいているお客さまに比べて低水準であることが実績としても表れていることから、今後もライフデザインサービスの拡充を図ることで、リテンションを強化してまいります。

最後に、「IoTビジネスの創出」に向け、さまざまなイネイブラーを整備し、パートナー企業さまとの新たなビジネスモデルを構築してまいります。
開発支援においては、AWSプレミアコンサルティングパートナーに5年連続で認定されているアイレット社を子会社化し、今後、同社のノウハウをIoT開発支援に活用していくほか、プラットフォームでは、すでにソラコム社と共同開発したIoT向け回線サービス「KDDI IoTコネクト Air」の提供を開始しています。
さらに、ネットワーク・デバイスにおいても準備を進めており、来期より、本格的にIoTビジネスを展開していく方針です。

3. 通期業績予想の見直し

足下の好調な業績進捗を受け、当社は、連結営業利益の通期予想を9,100億円 (対期初予想 +250億円)、EBITDAを1兆5,000億円 (同 +200億円) へ上方修正しました。
なお、本日付の取締役会において、一株当たり期末配当金を、期初予想から5円増の45円に上方修正することを決議しております。

質問者1

質問者2

質問者3

質問者4

  • Qau通信ARPAを+100円上方修正したが、要因を教えてしてほしい。
    A
    ARPAはARPU x 1人当たりモバイルデバイス数に分解できるが、1人当たりモバイルデバイス数については、「スーパーデジラ」をリリースした影響もあり社内計画に対して弱含み。ARPUについては、スマートフォン浸透率が前年比+3.7%拡大したことにより、着実に成長していることが主な要因。
  • Qグローバルセグメントの業績見通し修正の詳細は?
    A
    グローバルセグメントは1-3Q累計で前年比▲51億円の減益となっている。これは円高の進行による海外子会社の為替変動影響やハイリスク・ローリターンの事業を整理した一時的な影響が主な要因であり、その影響を除けば実質増益。これまでの状況を受けて見通しを修正した。

質問者5

質問者6

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る