デジタル広告の仕組み

広告配信で活用されるプラットフォーム広告配信で活用されるプラットフォーム

DSP
Demand Side Platform
DSPとは広告主や代理店が広告を掲載するために広告枠を買い付ける広告配信プラットフォームで、シンプルにいえば「広告枠を買いたい (広告を出したい) 側」のプラットフォームになります。
ここでいう広告枠は主にディスプレイ広告の広告枠がメインで、通常の場合は、RTB (Real Time Bidding) でリアルタイムに広告枠をSSP (Supply Side Platform) やAd Exchangeといった広告枠を提供する広告プラットフォームから買い付けます。
RTB
Real Time Bidding
RTBは広告枠を買うためにSSPが1リクエストをするごとにリアルタイムでオークションが開催され、1番高い金額をつけたDSPに落札をさせて広告を掲載します。
通常RTBではセカンドプライスオークションという2番目に高い金額で入札したDSPの応札金額に1円を足した金額で1番高い金額をつけたDSPに落札させます。
SSP
Supply Side Platform
SSPとはインターネット媒体社が自社メディアで広告掲載により収益を得るために広告配信プラットフォームを提供し、広告在庫の管理や収益管理をするツールです。
こちらもシンプルにいうと「広告枠を売りたい側」の媒体社向けプラットフォームになります。
通常SSPが広告を販売する場合には、RTBによって広告枠ごとに複数のDSPが参加するオークションが行われます。
SSPによる売り提案とDSPによるオークションへの入札はリアルタイムで行われ、最も高い金額を提示し落札したDSPの広告が掲載されます。