ブランド管理

KDDIのブランドメッセージ

KDDIでは、“お客さま・社会にとってどのような存在になりたいか”を「Tomorrow, Together」というブランドメッセージとして定義し、つなぐチカラの進化で、お客さまやパートナー、社会とともに、未来へ向かって持続的に発展・成長していくという思いを表現しています。
コンシューマ事業ブランドでは、「au」は「おもしろいほうの未来へ。」、「UQ mobile」は「シンプルを、みんなに。」、「povo」は「君にピッタリの自由へ、一緒に。」というブランドスローガンを掲げ、個人のお客さま向けサービスとして、ブランドごとの特長を生かしたマルチブランド戦略を展開しています。継続してお客さまに選んでいただき、寄り添える存在になるという思いを込めています。
また、KDDIは「お客さま体験価値」の向上を全社で推進し、強いブランドを確立して、適正に管理することを重要課題として掲げています。ブランドの適正な管理の点では、商標の無断使用や第三者による不適切なロゴ使用などによって、お客さまの信頼を損ねたり社会に不利益をもたらすことがないよう、従業員に対する意識啓発にも努めています。

目指す姿の確立に向けた活動方針

KDDIは、ブランドメッセージを実現するための会社像として、「お客さまに一番身近に感じてもらえる会社」「ワクワクを提案し続ける会社」「社会の持続的な成長に貢献する会社」を目指す姿とし、あらゆる接点を通じてお客さまを理解し、最適なタイミングで最適なサービスをご提案の上でお届けしたいと考えます。
KDDIの取り組むコミュニケーション活動も、上記方針を具現化する活動の一環として強く推進していきます。

広告制作における考え方

KDDIの広告は、お客さまの満足度向上に貢献することを前提に制作しており、決してお客さまの自主的かつ合理的な選択を不当な誘引で阻害することのないよう、「不当景品類及び不当表示防止法」および「電気通信サービスの広告表示に関する自主基準及びガイドライン」の規定・内容に基づいています。
広告の制作にあたっては、広告の目的や製品・サービスの内容について詳細な情報共有を行った上で、各部門でそれぞれ検査を行います。検査後、審査部門による最終審査を行い、合格しなければ広告を表示しないことをルールとして、2013年より運用しています。使用する媒体は、お客さまとのコミュニケーション上で、有効なタッチポイント(接点)になりうるものを費用対効果も重視しながら選定しています。

2022年度違反事例

マーケティング・コミュニケーションに関する法令(景品表示法)違反はありませんでした。

推進体制

ブランド・コミュニケーション活動

KDDIブランドでは、2022年12月より、「KDDI VISION 2030」実現に向けた取り組みを、TVCMやオウンドメディア「KDDIトビラ」で展開。様々なお客さま接点を通じて、KDDIへの共感や期待のパーセプションを強化しています。
auブランドにおいては、TVCM三太郎シリーズを2015年1月より、意識高すぎ高杉くんシリーズを2018年1月より展開していますが、auのブランドメッセージ「おもしろいほうの未来へ。」のブランドイメージ浸透に向けて、引き続き両シリーズを展開し、さらなる好感度の向上を目指しています。
UQ mobileブランドにおいても、2021年9月より、新たにUQUEENシリーズを開始し、ブランドメッセージ「シンプルを、みんなに。」の浸透、および好意度の向上を図っています。

外部評価

2022年度活動実績

  • CM総合研究所「2022年度銘柄別CM好感度ランキング」
    1位(2021年11月~2022年10月)
  1. 8年連続でBRAND OF THE YEARに選出

協賛

ブランド価値向上の取り組みの一つとして、スポーツ競技や団体、および社会文化事業に協賛しています。通信やテクノロジーを活用した新しい観戦体験の提供や社会貢献活動など、日常で実感できる新たな価値を創造し、お客さまにワクワクを提案し続けたいと考えています。

サッカー SAMURAI BLUE、なでしこジャパンなどのサッカー日本代表のメジャーパートナー、Jリーグ「京都サンガF.C.」「名古屋グランパス」のスポンサーとして、サッカーを応援しています
野球 横浜DeNAベイスターズのスポンサーとして野球を応援しています
モータースポーツ 国内最大のGTレース「SUPER GT」における「TGR TEAM au TOM'S」、およびFIA世界ラリー選手権の日本ラウンド「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」のスポンサーとして、モータースポーツを応援しています
eスポーツ 世界的にも人気が高まっているeスポーツを牽引するプロチーム「DetonatioN FocusMe」のスポンサーとして、日本のeスポーツの普及を応援しています
学生スポーツ 大学スポーツ協会(UNIVAS)、および全国高等学校総合体育大会(インターハイ)のパートナーとして、学生スポーツの振興・発展をサポートしています

GINZA 456 Created by KDDI

2020年9月より、KDDIブランドの取り組みを体感できるコンセプトショップを展開しています。地下1階では没入感ある空間で先端テクノロジーを活用した体験型イベントをお楽しみいただけます。1階では、「KDDI VISION 2030」実現に向けたKDDIの取り組みを知って理解することができます。2階ではau/UQ mobileの最新ラインアップの展示や、商品購入に関するご相談やご契約、アフターサービスのお手続きを承っています。
GINZA 456 Created by KDDIでのブランド体験を通じ、お客さまに「Tomorrow, Together」「おもしろいほうの未来」を感じていただきたいと考えています。

おもいでケータイ再起動

KDDIでは、電源の入らなくなった古いケータイを専用機器を使って再起動し、写真やメールなどの大切な思い出を復活するイベント「おもいでケータイ再起動」を2016年から実施しています。参加無料で、au以外のケータイでもご対応します。思い出の写真はプリントアウトして差し上げております。これまで、さまざなまパートナー様との共催や、全国のKDDI直営店や各地イベント会場などで開催し、累計340回、12,400名以上のお客さまに体験いただいています(2023年7月時点)。

おもいでケータイ再起動

社会