仙台高専で「5G×XR体験会」を実施

はじめに

KDDIは、仙台高等専門学校 (以下、仙台高専) と協力し、「高専祭2022」(仙台高専の学園祭) の期間を利用して、学生、教職員向けに5G・XR技術を組み合わせた映像コンテンツを体験するイベントを開催しました。
イベントは、この体験を通して、5G、XRなどの最新技術や学校で培った専門技術・知識を活かして社会や地域に役に立つ新しいサービス、ビジネスプランなどを創出するヒントやきっかけ作りの場として活用いただくことを目的としています。

【参考】仙台高専学園祭「高専祭」

イベントの様子

イベントでは、スマートグラス (Nreal Light (該当項目へジャンプします注1)) によるバーチャル空間、先進映像が体験できる以下の4つのコンテンツを準備し、来場者に体験して頂きました。KDDI社員が来場者へのコンテンツ説明やスマートグラス装着などのサポートを行いました。

【体験コンテンツ】

  • バーチャルヒューマン coh (該当項目へジャンプします注2)
    (技術要素) スマートグラス×バーチャルヒューマン×クラウドレンダリング
    (体験概要) バーチャルヒューマンが目の前に登場します。ユーザーの動きに応じてバーチャルヒューマンの映像をクラウド側でレンダリングし、5Gを介してグラスに提供することで低遅延で高精細な映像体験を実現。
  • Styly for Nreal (該当項目へジャンプします注3)
    (技術要素) スマートグラス×バーチャル空間共有
    (体験概要) 複数人で一つのバーチャル空間を共有して、同じシーンを同時に鑑賞する機能。
  • auビジュアルガイド (該当項目へジャンプします注4)
    (技術要素) スマートグラス×先進映像体験
    (体験概要) 汎用的な動画ファイル (mp4など) を簡便にスマートグラスで再生が可能。観光、教育などの用途における新たなガイダンス提案。
  • 歩くプラネタリウム (該当項目へジャンプします注5)
    (技術要素) スマートグラス×6DoF (シックスドフ) 体験
    (体験概要) 天文学に基づいて視界の中に銀河系、太陽系を再現します。歩き回ることで、違った角度から星を眺めることも可能。

イベントには、2日間合計で約350名もの来場者があり、大変盛況でした。来場者からの声の一部を紹介します。

  • 映像がリアルで驚いた。研究分野にも活かせそうだ。
  • AIを専攻しているが、最新のXR技術体験は刺激になった。
  • 動作制御技術を研究しているが、体験した先進映像を応用できるかどうか考えてみたい。
  • 『バーチャルヒューマン coh』は、CGで作られているとは思えない。本物の人間のようで驚いた。
  • 『Styly for Nreal』は、複数名でバーチャル空間を共有して車の細部を観賞したり、設定を変えられ楽しかった。
  • 『auビジュアルガイド』は、実用的な内容で、美術館や博物館で普及して欲しい。
  • 『歩くプラネタリウム』は、これまで見てきたプラネタリウムとは異なり感動した。

【参考情報】

10/29広瀬キャンパスの様子 [1]
(歩くプラネタリウム体験)
10/29広瀬キャンパスの様子 [2]
(バーチャルヒューマン cohの体験)
10/30名取キャンパスの様子
(auビジュアルガイドの体験)
KDDI運営スタッフ
(KDDI社員)

おわりに

KDDI運営スタッフは、来場者に対して、お一人お一人丁寧かつ笑顔でのご対応を心掛けました。
一方、来場者から時折、「凄い!」や「綺麗!」、「面白い!」といった声が飛び交い、会場内は終始、賑やかで楽しい雰囲気でした。
KDDIは今後も、次世代の地域産業をリードする人財の育成に積極的に取り組んで参ります。

概要

名称 5G×XR体験会
開催日時 [1] 2022年10月29日 (土) [2] 10月30日 (日) [1]、[2] とも9:00-15:00
会場 [1] 仙台高等専門学校広瀬キャンパス [2] 仙台高等専門学校名取キャンパス
主催 仙台高等専門学校、KDDI株式会社
活動レポート

KDDI地域共創アカウント

最新情報をお知らせ!
  • twitter