2012年3月期第2四半期決算説明会 (質疑応答)

日時 2011年10月24日 (月) 17:00~18:30
場所 ガーデンエアタワー20階会議室
登壇者 田中社長、両角副社長、高橋専務、嶋谷専務、石川専務、高木本部長、明田室長 (司会)

質問者1

質問者2

  • 今期のARPU見通しに対して、データARPUの進捗が弱いようだが?
    上期のデータARPUが計画を下回っているのは事実。法人顧客のデータARPUが計画を下回っていることが主な要因。今後スマートフォンの浸透にあわせてリカバリーしてくるものと考えている。
  • Android (TM) の端末ラインアップが揃ってきたにもかかわらず、iPhoneの採用を決定した背景は?
    われわれとしては、追い詰められてiPhoneを投入したわけではない。今期はモメンタム回復、来期はマルチプラットフォーム戦略を進めようと考えており、大きなシェアを持つiPhoneを外すことは考えられなかった。iPhoneが好きなお客さまが一定数存在するのは事実であり、それによってさまざまな影響はあるものの、純増シェアの向上や高ARPU層の獲得を考えると投入する意義はあると判断した。
    販売面でのAndroid (TM)とiPhoneの喰い合いについては、iPhoneを含めて全体として良いポートフォリオになると考えている。足元ではiPhoneの販売によってAndroid (TM) の販売が低調になっているということはない。

質問者3

  • Android (TM)の端末価格をiPhoneの価格水準に近づけざるを得ないと考えるが、そのバランスについてどう考えているのか?
    端末価格については、さまざまな要因により現在の状況になっている。
    月額料金についてもキャンペーン料金として4,980円の水準としているが、質の良いネットワークを訴求することによって、お客さまに受け入れていただけるものと考えている。
  • 来年7月からは新800MHz帯5MHz幅での運用となるが大丈夫か? もっと2GHz帯エリアを整備すべきではないか?
    一部で誤解があったようだが、auのiPhoneは新800MHz帯と2GHz帯の両方に対応している。
    また、新800MHz帯については既に日本全国をカバーしており、2GHz帯についてもエリア整備が進んでいる。現状ではオフロードを行わなければ2013~14年頃にネットワークがオーバーフローすると見ており、ネットワーク整備と合わせて、お客さまがWi-Fiを使いたくなるような仕組みを考える必要がある。
    一例として、ISW11HT EVOの事例では、約8割のお客さまがWiMAXを利用し、そのお客さまのトラフィックの約半分がWiMAXに流れている。まだWiMAXのエリアは完全ではないが、われわれとしては2013~14年時点での想定トラフィックの約5割をオフロードすることができれば、2015年までは全体のトラフィックを収容することが可能だと考えている。ヘビーユーザーへのトラフィック制限は引き続き行うものの、従量制料金の導入は避けることができると考えている。

質問者4

  • マルチネットワークを進めていく上での設備投資の考え方は?
    現在は競争環境が変わる局面に来ていると考えている。増大するトラフィックをモバイルネットワークのみで収容できないのは明らかであり、固定とモバイルをセットで考えないとお客さまのニーズに応えることはできない。
    投資効率の面では、昔はネットワーク機器が高かった一方、バックホールの回線コストや工事費の影響は少なかった。最近では高トラフィック化によりバックホールコストや賃料などが嵩むようになってきた。その意味で、WiMAXやLTEのバックホールをシェアリングすることでコストを抑えることが有効になってきている。
    なお、現時点ではLTEの展開予定を明確には決めていない。当面は、来年4月に3GでEV-DO Advancedを導入していく。また、増大するトラフィックを全て3G+LTEで収容することは無理なので、WiMAX、Wi-Fiへのオフロード施策も進めていく。
  • iPhoneの投入によりお客さまの選択肢は広がったが、販売が分散することでAndroid (TM)端末が売れ残るリスクも出てくるのでは? 今後のAndroid (TM)端末メーカーとの付き合い方は?
    iPhoneの販売が増えるとAndroid (TM)1機種あたりの販売台数が少なくなるのはご指摘のとおりであり、メーカー側はそれらの端末をグローバル市場で何台売るかという点が重要になってきた。われわれも周波数をグローバル標準に合わせていくため、今後はグローバルモデルの調達比率が上昇していく。グローバルモデルメーカーから端末調達を受ける場合、フィーチャーフォン時代と比べると、1モデルあたりの最低発注台数はそれほど大きいものにはならないと考えている。
    一方、出荷台数が減少しているメーカーにとっては、メーカー間での価格競争は厳しくなるため、端末の差別化が必要になってくるのではないか。
  • Android (TM)、iPhoneを導入したことによる今後のコンテンツ戦略は?
    コンテンツ面については、いくつかの試みを考えている。足元の1ユーザー当たりのコンテンツ利用料はフィーチャーフォン時代の利用料を超えており、それほど心配していない。ただ、iPhone時代はゲームチェンジが必要になってくると考えており、クラウド型・Web型などの上位レイヤでのサービスを展開すべく戦略を立案している。

質問者5

質問者6

質問者7

質問者8

  • データオフロード施策による設備投資への影響は?
    通常はトラフィックの増加に伴い3GやLTEの基地局を建てることになるが、Wi-Fiへオフロードすることによってコストが抑制できる。たとえば1局あたりのコストとして、エリアの広さは違うものの、基地局は1,000万円弱のコストがかかるのに対し、Wi-Fiのアクセスポイントは10万円以下で収まるので、確実に投資抑制につながる。
    また、駅など混雑している場所や、夜間の家庭での利用が携帯のトラフィックの大部分を占めているので、仮にこの部分をオフロードできれば、かなりの改善が図れる。現時点で具体的なオフロード率などの数字はないが、今後お話する機会もあると思う。
  • 3M戦略を進める中で、逆に投資が増えてしまうことはないか?
    設備投資が抑制の方向に向かうことは明らか。

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る