1. KDDIホーム
  2. 企業情報
  3. KDDIグループの新型コロナウイルス感染症対応について
  4. 新型コロナウイルス感染症対応に関するKDDIの基本方針

新型コロナウイルス感染症対応に関するKDDIの基本方針

長期化が想定される新型コロナウイルス感染症の影響に対し、KDDIグループは、事業を通じてさまざまな社会課題の解決に取り組み続けるという決意のもとに策定した「KDDI Sustainable Action」の考え方に基づき、命、暮らし、心をつなぐライフラインを提供する企業としてグループの力を結集し、以下の5つの方針を軸に対応を検討・実施することで社会的使命に応えていきます。

1. お客さまおよび当社・関係各社の従業員の安全を最優先に確保します

  • (1)
    auショップでは、受付カウンターへのパーテーションの配置や、消毒液およびマスクの配備による感染拡大防止の取り組みを徹底しています。また、お客さまセンターや各種サポートセンターでは、スタッフ同士が安全な距離を保ったまま対応を行えるよう出勤人数を減らすなどの取り組みを行いながら、お電話やウェブでのお客さまサポートの提供を継続していきます。

<受付カウンターパーテーション イメージ>

  • (2)
    KDDIでは、指定公共機関である電気通信事業者として通信という重要なサービス提供を担う責務を果たしていきます。社員はテレワークを積極的に活用し、執務室・休憩室の分散によるソーシャルディスタンスの確保など、さらなる感染拡大の防止に取り組んでいます。

2. 増加する通信トラフィックに対応し、社会の基盤・ライフラインである通信サービスを維持します

  • (1)
    感染拡大前と比較し、データ、音声ともにトラフィックは増加していますが、KDDIの通信ネットワークの全体容量は十分確保されています。災害時などにおいてもピークトラフィックを疎通することができるようネットワークは設計されています。
  • (2)
    今後、テレワークやオンライン授業がより頻繁に行われると、平日9時から18時の時間帯におけるさらなるトラフィックの伸びが想定されます。トラフィックのさらなる増加に備え、引き続き、社員および関係会社スタッフの安全を確保しつつ、安定した通信環境の維持のため一丸となって取り組みます。

3. 政府・自治体・公共団体などの取り組みに積極的に協力します

政府・自治体への位置情報分析データの提供をはじめ、社会的状況の変化に応じて、政府・自治体・公共団体の取り組みに積極的に協力します。

  • 位置情報分析データの提供
  • 料金支払い期限延長などの対応
  • 寄付の実施

4. テレワーク・オンライン教育・遠隔医療など、個人・法人のお客さまのDXを推進し環境変化に強いレジリエントな社会基盤の構築に貢献します

  • (1)
    新型コロナウイルスの感染症拡大をきっかけに、オンライン化へのニーズが加速するなか、通信インフラを支える企業として、さまざまな状況下でも社会活動が継続できるようなオンライン環境の整備を進め、個人・法人のお客さまのDXを推進していきます。
  • (2)
    適時適切なオンライン教育や遠隔医療の環境整備に向けたさまざまな取り組みを検討していきます。
  • (3)
    多目的なイベント空間をオンライン上に構築し、さまざまな経済活動および文化活動をサポートしていきます。

5. 生活の不安・困難を減らし心を満たせるようなお客さま体験を提案します

ご自宅で過ごす時間が増えるなか、少しでも豊かで快適にお過ごしいただけるよう、キャッシュレス決済でお買い物がおトクになる施策や、エンターテインメントコンテンツのライブストリーミングなどさまざまな取り組みを実施していきます。

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る