HTTPの概要

読み: えいちてぃーてぃーぴー 英語名: Hypertext Transfer Protocol

HTTPとは、Hypertext Transfer Protocolの略で、ブラウザなどでサーバーとデータの送受信を行うためのプロトコルのこと。Webサーバーにある文章や画像、動画といったデータを、ブラウザなどを通じてHTML形式などで取得できるほか、逆にこれらをサーバー側に送信することも可能。前者には「GET」、後者には「PUT」「POST」などのメソッドを使用する。

IETFによって、HTTP/1.1がRFC 2616として仕様がまとめられている。デフォルトのポート番号は80。URI(またはURL)として記述する際は、頭に「http://」をつける。通信機能を7つの階層に分けて定義した「OSI参照モデル」では、第7層のアプリケーション層に属するプロトコルで、TCP/IPを利用して通信を行う。

なお、HTTPではデータが平文で送受信されるため、傍受の可能性がある。これを暗号化したものは「HTTPS」と呼ばれている。

2014年03月05日 更新


最近見た用語