WPAの概要

読み: だぶりゅーぴーえー 英語名: Wi-Fi Protected Access

WPAとは、Wi-Fi Protected Accessの略で、無線LAN暗号化の規格の一つ。2002年10月Wi-Fi Allianceにより提案された。

従来の規格であるWEPは、電波が傍受されると暗号が解読され得るという脆弱性を持っていた。この脆弱性を改善するため、WPAではWEPのセキュリティ技術に加え、暗号鍵を一定時間ごとに変更し暗号の解読を困難にするという技術が用いられている。またアクセス時のなりすましを防ぐため、各ユーザーを認証サーバーを用いて個別に認証を行う。

WPAの後継として、より強力なAES暗号を利用するWPA2が用意されている。

2014年03月05日 更新


最近見た用語